世界株式対象のインデックス投資ならMSCIコクサイ

世界株式対象のインデックス投資ならMSCIコクサイ




世界株式対象のインデックス投資ならMSCIコクサイ

いざ、株式投資を始めようと決心したものは良いものの、どの株式銘柄を購入すれば良いのかは悩みの種です。

勿論、自分の好きな会社の株式に投資するのも一つの選択肢です。

しかし、一つの個別銘柄の購入だけでは、その銘柄の値動き次第が投資の損益を左右する為、とてもハイリスクです。

そこで、今、金融業界で人気の金融商品が、

  • 投資信託(ファンド)のインデックスファンド
  • ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

です。

掻い摘んで言うと、投資信託(ファンド)のインデックスファンド・ETFは、金融商品市場の指数(インデックス)をベンチマークに設定し、投資運用する金融商品です。

ベンチマークとは、その投資信託(ファンド)・ETFが運用の目安としている指数(インデックス)を指します。

投資信託(ファンド)・ETFの詳細や仕組みに関する記事はこちら

インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説
インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説投資を始めようとしている方に、お勧めの投資方法である「インデックス投資」。投資初心者に限らず、プロの個人投資家・機関投資家も基本の投資方法は「インデックス投資」です。...

この記事では、ベンチマークとして使用される人気の指数(インデックス)「MSCIコクサイ・インデックス」と「MSCIインデックス」についての解説を行い、「MSCIインデックス」のお勧め投資信託(ファンド)を紹介します。

  1. MSCI
  2. MSCI指数の年間パフォーマンスと投資産業比率・投資国構成比率
    1. MSCIワールド・インデックス 先進国(23カ国)
      1. MSCIワールド・インデックス 年間パフォーマンス
      2. MSCIワールド・インデックス 投資産業比率
      3. MSCIワールド・インデックス 投資国構成比率
      4. MSCIワールド・インデックス 投資先企業トップ10
    2. MSCIコクサイ・インデックス 先進国(22カ国)
      1. MSCIコクサイ・インデックス 年間パフォーマンス
      2. MSCIコクサイ・インデックス 投資産業比率
      3. MSCIコクサイ・インデックス 投資国構成比率
      4. MSCIコクサイ・インデックス 投資先企業トップ10
    3. MSCIエマージング・マーケット・インデックス 新興国(26カ国)
      1. MSCIエマージング・マーケット・インデックス 年間パフォーマンス
      2. MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資産業比率
      3. MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資国構成比率
      4. MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資先企業トップ10
    4. MSCIフロンティア・マーケット・インデックス フロンティア市場(28カ国)
      1. MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 年間パフォーマンス
      2. MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資産業比率
      3. MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資国構成比率
      4. MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資先企業トップ10
  3. MSCIインデックスのお勧め投資信託

MSCI

MSCI

MSCIは、MSCI(Morgan Stanley Capital International モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出・公表する指数の総称です。

MSCIの名称の由来は、

  1. 1965年・・・キャピタル・グループの100%子会社であるキャピタル・インターナショナル社が、スイス・ジュネーヴの支社の協力のもと、Capital International Market Indices(CIMI)の名称で、アメリカ国外の市場を対象とする株価指数の算出を開始
  2. 1985年・・・ジュネーヴの支社は、Capital International Perspective S.A.(CIPSA)として独立、一連の指数の算出にあたる
  3. 1986年・・・モルガン・スタンレーが株価指数算出に関する権利をCIPSAから買収し、指数の名称を「CIMI」から「MSCI」(「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル」)に冠する

となっています。

MSCI社は世界的な指数算出、金融リサーチの会社で、米国のニューヨークを本拠地としています。

主に株式市場を中心に、世界中の市場について、毎日約190,000の指数を算出・公表しており、その内10,000以上の指数についてはリアルタイムで算出されています。

これらの指数を総じてMSCI指数と呼びます。

MSCIによると、世界中で運用されている資産の約11兆ドルがMSCI指数をベンチマークとして運用されており、ETFについては950本以上のETFがMSCI指数をベンチマークとしています。

MSCI社の投資範囲は広く、

  • 先進国
  • 新興国
  • フロンティア市場(経済発展の初期段階にある途上国)

合わせて約70カ国・地域の株式市場をカバーしています。

MSCIの投資先構成国分類は、

  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(49カ国)
    • MSCIワールド・インデックス ・・・先進国(23カ国、1,601銘柄)
    • MSCIエマージング・マーケット・インデックス・・・ 新興国(26カ国、1,383銘柄)
  • MSCIフロンティア・マーケット・インデックス・・・フロンティア市場(28カ国、89銘柄)

となっています。

MSCIコクサイ・インデックス(別名:MSCI World Index(日本を覗く))」は、MSCI World Indexの構成要素である、先進国(23カ国、1,601銘柄)から、日本株式の取扱銘柄を除去、

  • 先進国・・・22カ国
  • 取扱銘柄・・・1,281銘柄
  • 大・中型株を構成銘柄の対象
  • 市場の時価総額の約85%をカバー

と言う特徴を持った指数(インデックス)です。

MSCI指数の年間パフォーマンスと投資産業比率・投資国構成比率

MSCI指数の年間パフォーマンスと投資産業比率・投資国構成比率

  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(49カ国)
    • MSCIワールド・インデックス ・・・先進国(23カ国、1,601銘柄)
    • MSCIコクサイ・インデックス・・・先進国(22カ国、1,281銘柄)
    • MSCIエマージング・マーケット・インデックス・・・ 新興国(26カ国、1,383銘柄)
  • MSCIフロンティア・マーケット・インデックス・・・フロンティア市場(28カ国、89銘柄)

それぞれの指数の

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

を見ていきます。

MSCIワールド・インデックス 先進国(23カ国)

MSCI World Index
先進国( 23カ国 )
アメリカ地域
欧州&中東地域 太平洋地域
米国オーストリアオーストラリア
カナダベルギー香港
デンマーク日本
フィンランドニュージーランド
フランス シンガポール
ドイツ
アイルランド
イスラエル
イタリア
オランダ
ノルウェー
ポルトガル
スペイン
スェーデン
スイス
イギリス

MSCIワールド・インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

MSCIワールド・インデックス 年間パフォーマンス

MSCIワールド・インデックス 投資産業比率

MSCIワールド・インデックス 投資国構成比率

MSCIワールド・インデックス 投資先企業トップ10

企業時価総額
( 10億米ドル)
指数構成産業
アップルアメリカ2,258.454.84情報技術
マイクロソフトアメリカ1,629.623.49情報技術
アマゾンドットコムアメリカ1,460.243.13一般消費財
フェイスブック Aアメリカ705.361.51コミュニケーション
アルファベット Cアメリカ501.501.08コミュニケーション
アルファベット Aアメリカ488.691.05コミュニケーション
ジョンソン&ジョンソンアメリカ404.190.87ヘルスケア
テスラアメリカ367.540.79一般消費財
ビザ Aアメリカ361.660.78情報技術
ネスレスイス358.790.77生活必需品
合計8,747.1516.45

MSCIコクサイ・インデックス 先進国(22カ国)

MSCIコクサイ・インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

MSCIコクサイ・インデックス 年間パフォーマンス

MSCIコクサイ・インデックス 投資産業比率

MSCIコクサイ・インデックス 投資国構成比率

MSCIコクサイ・インデックス 投資先企業トップ10

会社業種比重
アップル情報技術4.82%
マイクロソフト情報技術3.56%
アマゾンドットコム一般消費財・サービス2.91%
フェイスブック A株コミュニケーションサービス1.33%
テスラ一般消費財・サービス1.26%
アルファベット C株コミュニケーションサービス1.18%
アルファベット A株コミュニケーションサービス1.17%
ジョンソン&ジョンソンヘルスケア0.92%
JPモルガンチェース金融0.84%
VISA A株情報技術0.70%

MSCIエマージング・マーケット・インデックス 新興国(26カ国)

MSCI Emerging Markets Index
新興国( 23カ国 )
アメリカ地域
欧州&中東地域 太平洋地域
ブラジルチェコ中国
チリエジプトインド
コロンビアハンガリーインドネシア
メキシコポーランド韓国
ペルーロシア マレーシア
アルゼンチン南アフリカフィリピン
トルコ台湾
ギリシャタイ
カタールパキスタン
UAE
サウジアラビア

MSCIエマージング・マーケット・インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

MSCIエマージング・マーケット・インデックス 年間パフォーマンス

MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資産業比率

MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資国構成比率

MSCIエマージング・マーケット・インデックス 投資先企業トップ10

企業時価総額
( 10億米ドル)
指数構成産業
アリババグループ ADR中国539.228.41一般消費財
テンセント中国392.346.12コミュニケーション
TSMC
(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)
台湾358.075.58情報技術
サムスン電子韓国217.103.38情報技術
美団点評中国117.271.83一般消費財
ナスパーズ南アフリカ81.181.27一般消費財
リライアンス・インダストリーズインド80.641.26エネルギー
中国建設銀行中国68.121.06金融
京東商城中国66.871.04一般消費財
中国平安保険中国63.460.99金融
合計1,984.2730.93

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス フロンティア市場(28カ国)

MSCI Frontier Markets Index
フロンティア市場(28カ国・地域)
欧州アフリカ地域中東地域 太平洋地域
クロアチアケニアバーレーンバングラデシュ
エストニアモーリシャスヨルダンベトナム
リトアニアモロッコクウェートスリランカ
カザフスタンナイジェリアレバノン
ルーマニア チュニジアオマーン
セルビアブルキナファソ
スロベニアベナン
ギニアビサウ
コートジボワール
ニジェール
セネガル
トーゴ
マリ

MSCIフロンティア・マーケット・インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 年間パフォーマンス

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資産業比率

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資国構成比率

MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資先企業トップ10

企業時価総額
( 10億米ドル)
指数構成産業
クウェート国立銀行クウェート18.3417.55金融
クウェート・ファイナンス・ハウスクウェート8.668.28金融
アーリ・ユナイテッド銀行クウェートバーレーン4.424.23金融
ザインクウェート4.184.00一般消費財
サファリコムケニア3.323.18一般消費財
ビングループベトナム3.283.14不動産
ベトナム・デアリ・プロダクツベトナム3.183.05生活必需品
ヴィンホームズベトナム2.792.67不動産
マロック・テレコムモロッコ2.692.57一般消費財
クルカスロベニア2.392.29ヘルスケア
合計53.2550.95
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI ACWI)

のデータを合算した場合の

  • MSCI ACWI + MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 年間パフォーマンス
  • MSCI ACWI + MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資産業比率
  • MSCI ACWI + MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資国構成比率
  • MSCI ACWI + MSCIフロンティア・マーケット・インデックス 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

企業時価総額
( 10億米ドル)
指数構成産業
アップルアメリカ2,258.454.25情報技術
マイクロソフトアメリカ1,629.623.07情報技術
アマゾンドットコムアメリカ1,460.242.75一般消費財
フェイスブック Aアメリカ705.361.33コミュニケーション
アリババグループ ADR中国539.221.01一般消費財
アルファベット Cアメリカ501.500.94コミュニケーション
アルファベット Aアメリカ488.690.92コミュニケーション
ジョンソン&ジョンソンアメリカ404.190.76ヘルスケア
テンセント中国392.340.74コミュニケーション
テスラアメリカ367.540.69一般消費財
合計8,747.1516.45

MSCIインデックスのお勧め投資信託

MSCIインデックスのお勧め投資信託

MSCIインデックスのお勧め投資信託は下記の商品になります。

 <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
設定日2013.12.10
運用会社ニッセイアセットマネジメント
対象指数(ベンチマーク)MSCI-KOKUSAIインデックス
信託報酬0.1023%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券
 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
設定日2017.07.31
運用会社三菱UFJ国際投信
対象指数(ベンチマーク)MSCI エマージング・マーケット・インデックス
信託報酬0.187%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券

これらの投資信託を、

  • 積立NISAの制度
  • 楽天証券のクレジットカード払い

を利用して購入する事で、お得に投資が出来ます。

楽天証券での積立NISA制度利用に関する記事はこちら

つみたてNisaを始めるなら楽天証券がおすすめ
つみたてNisaを始めるなら楽天証券がおすすめNISAは、イギリスのISA(Individual Savings Account = 個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(Nippon Individual Savi...

以上、

  • MSCIコクサイ・インデックス
  • MSCIインデックス
  • MSCIインデックスのお勧め投資信託

についての説明になります。

コメント