米国取引所のおすすめ金(ゴールド)ETFを比較する

米国取引所のおすすめ金(ゴールド)ETFを比較する




米国取引所のおすすめ金(ゴールド)ETFを比較する

金融資産のポートフォリオに、コモディティ(商品)投資の一つとして、金(ゴールド)を組み入れようとしている方も多いと思います。

しかし、一口に金(ゴールド)投資と言っても、金(ゴールド)への投資方法には

  • 金地金(現物)
  • 純金積立
  • 金先物・CFD
  • 投資信託
  • ETF(Exchange Traded Fund (上場投資信託))

があります。

 金地金(現物)純金積立金先物・CFD金・投資信託金・ETF
現物保有可能可能不可一部可能不可
売買コスト金額の10 〜 20%積立買付時、金額の1.5 〜 3.0%スプレッド購入時、金額の0 ~ 2%購入時、金額の0 ~ 1%
盗難リスクありなしなしなしなし
保管コストあり基本的になし掛かる場合あり(オーバーナイト金利 等々)
年率で金額の0.5 ~ 0.8%年率で金額の0.5 %以下
スプレッドとは、証券会社等々の業者がCFD FX 等々を

  • 売る時の値段(Bid)
  • 買う時の値段(Ask)

を提示しますが、この差(スプレッド)の事を指します。

スプレッド

  • 売買コスト
  • 盗難リスク
  • 保管コスト

を総合的に勘案すると、金(ゴールド)へのオススメの投資方法は、ETFになります。

そこで、この記事では、代表的な金(ゴールド)ETFを列挙し、比較していきます。

金(ゴールド)ETFの比較

金(ゴールド)ETFの比較

代表的な金(ゴールド)ETFには

  • iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)
  • SPDRゴールド・シェア(GLD)
  • 純金上場信託(1540)

の三つが挙げられます。

ETFiシェアーズ ゴールド・トラストSPDRゴールド・シェア純金上場信託
銘柄コードIAUGLD1540
運用会社ブラックロック・ファンド・アドバイザーズステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ三菱UFJ信託銀行
設定日2005年1月21日2004年11月18日2010年7月2日
経費率0.25%0.40%0.49%
取引通貨米ドル米ドル
資産総額290億米ドル603億米ドル1,590億円
年間パフォーマンス
(1年トータルリターン)
6.51%6.49%7.03
  • iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)
  • SPDRゴールド・シェア(GLD)

は、米国株式市場に上場しているETFで、決済は米ドル建てになります。

一方、純金上場信託(1540)は東京証券取引所に上場しており、決済は円建てになります。

また、純金上場信託(1540)は他の二つのETFとは違い、金地金1kg分のETFと金現物の交換が可能です。

しかし、流動性の面から考慮すると、

  • iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)・・・3兆1,729億円(290億米ドル)
  • SPDRゴールド・シェア(GLD)・・・6兆5,975億円(603億米ドル)
  • 純金上場信託(1540)・・・1,590億円

とかなりの差があります。

総合的に

  • 流動性(資産総額)
  • 管理コスト(経費率)

から鑑みると、オススメの金(ゴールド)ETFは、iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)になります。

iシェアーズ ゴールド・トラスト

ETFiシェアーズ ゴールド・トラスト
銘柄コードIAU
運用会社ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
設定日2005年1月21日
対象指数(ベンチマーク)LBMA金価格
上場取引所NYSE
取引通貨米ドル
経費率0.25%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券

iシェアーズ ゴールド・トラストは、LBMA金価格をベンチマークに採用しています。

LBMA(London Bullion MArket:ロンドン貴金属市場協会)は、世界の現物地金取引の中心、英国ロンドンの専門市場で売買されている

  • 金地金
  • 銀地金

を監督している専門業者の団体の事を指します。

そのLBMAが、午後決め値(pm fixing price)として公表する、1トロイオンス当りの金価格がLBMA金価格になります。

iシェアーズ ゴールド・トラストの年間パフォーマンスを見ていきます。

以上、代表的な金(ゴールド)ETFの列挙・比較の解説になります。

コメント