FTSE指数の代表格・FTSE世界国債インデックスのETF

FTSE指数の代表格・FTSE世界国債インデックスの解説




FTSE指数の代表格・FTSE世界国債インデックスの解説

投資業界で人気金融商品の

  • 投資信託(ファンド)のインデックスファンド
  • ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

投資信託(ファンド)のインデックスファンド・ETFとは、金融商品市場の指数(インデックス)をベンチマークに設定し、投資運用する金融商品です。

ベンチマークとは、その投資信託(ファンド)・ETFが運用の目安としている指数(インデックス)を指します。

投資信託(ファンド)・ETFの詳細や仕組みに関する記事はこちら

インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説
インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説投資を始めようとしている方に、お勧めの投資方法である「インデックス投資」。投資初心者に限らず、プロの個人投資家・機関投資家も基本の投資方法は「インデックス投資」です。...

この記事では、ベンチマークとして使用される人気の指数(インデックス)「FTSEラッセル」の

  • 概要説明
  • お勧め投資信託(ファンド)

を解説していきます。

FTSEラッセル

FTSEラッセル

FTSEラッセル(Financial Times Stock Exchange Russell)とは、FTSE(Financial Times Stock Exchange)インターナショナルという企業のブランドネームです。

FTSE(Financial Times Stock Exchange)インターナショナルは

  • イギリス・ロンドンが拠点
  • 株価指数(インデックス)の算出・管理や、関連する金融データの提供サービスを実施

の企業です。

FTSEインターナショナルは、元々、フィナンシャル・タイムズ(FT)の親会社であったピアソンに過半数の株式を所有されていましたが、2011年に売却され、ロンドン証券取引所グループ(LSEグループ)の子会社に位置付けられています。

ロンドン証券取引所グループ(LSEグループ)が2014年に買収したラッセルインベストメントグループ事業とジョイント事業の形態を採用し、2015年5月以降、FTSE Russellのブランドネームで事業を展開しています。

FTSEラッセル

FTSEラッセル指数の年間パフォーマンスと投資産業比率・投資国構成比率

FTSEラッセル指数の年間パフォーマンスと投資産業比率・投資国構成比率

  • FTSE世界国債インデックス
  • FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス
  • FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス

それぞれの指数の

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

を見ていきます。

FTSE世界国債インデックス

FTSE Russell・債券指数で多くの資産運用会社がベンチマークとして利用しているのが

  • FTSE世界国債インデックス・・・先進国(22カ国)

になります。

FTSE世界国債インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資国構成比率
  • 投資先格付構成比率

は下記の通りです。

FTSE世界国債インデックス 年間パフォーマンス

FTSE世界国債インデックス 投資国構成比率

EGBI・・・ The FTSE EMU Government Bond Indexの略で、FTSEが世界国債インデックスの構成要件を満たしたヨーロッパの国(オーストリア、ベルギー、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、スペイン)になります。

その他・・・ オーストラリア、カナダ、デンマーク、イスラエル、マレーシア、メキシコ、ノルウェー、ポーランド、シンガポール、スウェーデンの国々になります。

FTSE世界国債インデックス 投資先格付構成比率

投資先格付とは、第三者機関が投資先国債券が投資するのに相応しいかどうかを見極めて評価することを指します。

この場合の第三者機関は、スタンダード&プアーズ「S&P」になります。

投資先国債券がスタンダード&プアーズ「S&P」による格付けが行われていない場合、ムーディーズ「Moody’s」の格付を採用します。

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス 年間パフォーマンス

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス 投資産業比率

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス 投資国構成比率

FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス 投資先企業トップ10

会社銘柄コード比重
Samsung Electronics Co. Ltd.0059301.57000 %
Nestle SANESN 1.52300 %
Roche Holding AGROG1.12100 %
Novartis AGNOVN 0.93600 %
ASML Holding NVASML0.89300 %
Toyota Motor Corp.7203 0.87700 %
LVMH Moet Hennessy Louis Vuitton SEMC0.72100 %
AIA Group Ltd.12990.68200 %
SAP SESAP0.67200 %
AstraZeneca plcAZN 0.60500 %

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックスの

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス 年間パフォーマンス

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス 投資産業比率

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス 投資国構成比率

FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス 投資先企業トップ10

銘柄コード会社業種比重
700Tencent Holdings Ltd.情報技術5.38500%
BABA Alibaba Group Holding Ltd. ADR情報技術5.34900 %
2330Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.4.02500 %
TSM Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. ADR2.18900 %
3690Meituan Class B情報技術1.76300 %
NPN Naspers Ltd.1.12600 %
RELIANCEReliance Industries Ltd.エネルギー1.10600 %
JDJD.com Inc. ADR0.98300 %
2318Ping An Insurance Group Co. of China Ltd.金融0.92900 %
939 China Construction Bank Corp.金融0.90700 %

FTSEラッセル指数のお勧めETF

FTSEラッセル指数のお勧めETF

FTSEラッセル指数のお勧め投資信託は下記の商品になります。

ETFNEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信
銘柄コード2511
運用会社野村アセットマネジメント
設定日2017年12月11日
対象指数(ベンチマーク)FTSE世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
上場取引所東京証券取引所
取引通貨
経費率0.12%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券
ETFバンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF
銘柄コードVEA
運用会社ザ・バンガード・グループ・インク
設定日2007/07/20
対象指数(ベンチマーク)FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス
取扱銘柄数3,957
上場取引所NYSE
取引通貨米ドル
経費率0.05%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券
ETFバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ
銘柄コードVWO
運用会社ザ・バンガード・グループ・インク
設定日2005/03/04
対象指数(ベンチマーク)FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス
取扱銘柄数4,987
上場取引所NYSE
取引通貨米ドル
経費率0.10%
購入可能証券会社楽天証券
SBI証券

ネット証券の口座開設に関する詳しい記事はこちら

【初心者】ネット証券の口座開設は楽天証券かSBI証券
【初心者】ネット証券の口座開設は楽天証券かSBI証券従来、株式の取引は、証券会社の店舗に出向き口座開設を行い、電話等々を利用して株式の売買を行っていました。日本の大手証券会社と言えば、 野村證券 (野村ホールディングス)...

以上、「FTSEラッセル」の

  • 概要説明
  • お勧め投資信託(ファンド)

についての説明になります。

コメント