世界のインフレ率と物価の推移




世界のインフレ率と物価の推移

前回まで、

  • 貨幣の歴史
  • 物価
  • インフレ・デフレ
  • 良いインフレと悪いインフレ
  • マネタリーベース・マネーストック・信用創造

の話をしてきました。

【お金の歴史】貨幣の歴史に迫る
【お金の歴史】貨幣の歴史に迫る お金【貨幣】は、モノ・サービスを購入する際のの決済手段として使われます。 お金は、経済用語で【貨幣】と呼びます。 【貨幣】とは、一般的受領可能性をもった債務決済の手段。最も流動的な資産であり...
物価とは
物価とは 物価の評価 物価(物の値段)が上がった(下がった)という評価は、昨年、又は先月と比べてどうかというように、ある時点と比較して考えています。 要は、相対的評価です。 物価の動きは、比較の基準となる...
インフレ?デフレ?
インフレ?デフレ? 前回、貰える給料が一定期間変わらないにも関わらず、物価の上下の変動によって、物品・サービスの購入個数が減ったり増えたりする事を、実質賃金が上がったり下がったりすると述べました。 普通に考えると、消費者の僕...
良いインフレと悪いインフレ
良いインフレと悪いインフレ 前回、インフレやデフレの話をしました。 更に、日本においては、中央銀行である日銀は、インフレターゲットとして、 消費者物価指数を代表指標として前年比2%の上昇 を目指しているという話しも併...
マネタリーベース・マネーストック・信用創造とは
マネタリーベース・マネーストック・信用創造とは 金融の役割 前回、経済・金融について見てきました。 金融は経済活動に対して 客観的な価値を持たらし、それを貨幣という尺度で表し 秩序と倫理(モラル...

何回か記事の中でも述べましたが、日本の中央銀行である日銀は、消費者物価指数を代表指標として前年比2%の上昇を目標にしています。

何故、何回もこの話題を出すかというと、投資先のほとんどが預貯金である日本人が、前年比2%の上昇が起きることで、実質賃金が減ることを意味するからです。

実質賃金についてはこちら

物価とは
物価とは 物価の評価 物価(物の値段)が上がった(下がった)という評価は、昨年、又は先月と比べてどうかというように、ある時点と比較して考えています。 要は、相対的評価です。 物価の動きは、比較の基準となる...

目標にしているという事は、達成されなくても、それが達成されるように色々施策を打ってくるという事です。

日本国民の税金を使って設立され、日本の政府とも蜜月関係にある日銀が、
「インフレ率前年比2%は、やっぱり難しいので止めます。」
となったら、どうなるでしょうか。

どうなるか、色々な可能性が予測されるのですが、まず間違いないのは、日本国民だけでなく、世界各国の中央銀行が、日銀に対して信頼しなくなるでしょう。

なので、2013年(平成25年)1月の金融政策決定会合で、消費者物価の前年比上昇率2%の「物価安定の目標」を導入した日銀はこの目標を達成するための施策を打ち続けるしかないのです。

インフレというのは、貨幣の価値が下がり、モノ・サービスの価値が上がる事です。

つまり、日銀の金融政策の1つであるインフレターゲットが計画通りいくとなると、今、何もせずにタンスにしまってある現金は年々、貨幣の価値が下がっていくという事です。

銀行に普通貯金・定期預金していても、何もせずにタンスにしまってある現金とほとんど変わりません。

それでは、日本を含めた先進国のインフレ率と物価の推移、加えて発展途上国のそれらも見ていきましょう。

スポンサーリンク

先進国のインフレ率と物価の推移

先進国のインフレ率と物価の推移

2018年現在から過去20年の、

  • 日本
  • アメリカ
  • ドイツ

それぞれの国の

  • 前年比でのインフレ率
  • 1998年を物価水準100とした場合の物価推移

のグラフを見ていきましょう。

日本

アメリカ

ドイツ

先進国のインフレ率と新興国のインフレ率の比較

先進国のインフレ率と新興国のインフレ率の比較

新興国(発展途上国)

先進国と対比して、慢性的にモノが不足している新興国(発展途上国)

新興国(発展途上国)では、都市部でのにビルの建設、それに伴う物流の整備とモノの需要は右肩上がりです。

  1. モノに対する需要が大きい =>
  2. それを供給するための経済活動 =>
  3. 供給の経済活動に対する資金が必要 =>
  4. 資金需要が旺盛

例えば、

  1. 人が住む家が足りない =>
  2. 不動産事業者が家の建設ラッシュを行う =>
  3. 多額の建設資金を銀行から借りる

ということです。
結果的に、モノ不足により、モノに対する需要が大きくなるため、モノの価格を上げても売れる。

デマンドプル(demand-pull)型良いインフレが起こります。

デマンドプル(demand-pull)型のインフレについてはこちらの記事

良いインフレと悪いインフレ
良いインフレと悪いインフレ 前回、インフレやデフレの話をしました。 更に、日本においては、中央銀行である日銀は、インフレターゲットとして、 消費者物価指数を代表指標として前年比2%の上昇 を目指しているという話しも併...

デマンドプル(demand-pull)型のインフレが起きているという事は、つまり、消費者物価指数が上がっている時、モノを供給するために多額の貨幣が必要となるため、貨幣に対する需要が大きくなり、銀行の貸出金利が上がっても、事業者は貨幣を借りてくれます。
これが、インフレ(物価上昇)と金利上昇が連動する理由です。

ここで、アメリカ等と比較して新興国である中国とインドの

  • 前年比でのインフレ率
  • 1998年を物価水準100とした場合の物価推移

のグラフを見ていきましょう。

中国

インド

先進国

一方、先進国は、モノやサービスに対して「満たされた状態」になり、消費意欲や資金需要が小さくなるため、インフレ率は下がるというわけです。

インドのような物価上昇は期待出来ませんが、各国は自国の経済成長を促すため、政府と中央銀行が、色々な施策を打ち出して低位ながらもインフレ率上昇を記録します。

日本はインフレどころかデフレの時期もあり1998年と比較して物価は大して変化していません。

同じ先進国であるアメリカ、敗戦国であるドイツは、20年前と比較して、物価水準は上がっています。

さて、日本ではインフレが起きたことはないのでしょうか。

知っている方も多いかと思われますが、 日本では戦後195573年の約20年にわたり,高度成長期と呼ばれた時期がありました。

経済成長率(実質)年平均は10%前後の高い水準で成長を続けました。

その時期の、日本の

  • 前年比でのインフレ率
  • 1998年を物価水準100とした場合の物価推移

を見てみましょう。

今後、日銀の金融政策通りにインフレターゲットが進んだら20年後どうなるでしょうか。

2039年には、今の物価の1.5倍の水準になっています。

つまり、日本円の価値が3分の2になっているという事になります。

普通預金・定期預金

普通預金・定期預金

過去20年間、普通預金・定期預金している方は、運良く(運悪く?)1.5%しか物価が上昇しなかった為、その間に、会社勤めの方は、職位が上がったり、給料が上がったりして、生活水準に特段の変化は感じなかったと思います。

特に物価の変化を感じなかったという事は、つまり日本が成長していなかったという事です。

このまま、普通・定期預金しかしていな方は、このままだと、20年後には所有財産(普通・定期預金)の価値が現在と比較して3分の2にしかなっていない可能性があります。

勿論、この前年比インフレ率2%が20年続くかも分かりませんし、逆にデフレになって、所有財産(普通・定期預金)の資産価値が上がっている可能性だってあります。

コメント