パスポートとは?ビザとは?それぞれの違いは?




パスポートとは?ビザとは?それぞれの違いは?

日本から海外に渡航する方は携帯必須のパスポート

また、渡航先国によっては必要になるビザ

これらパスポートビザはそれぞれどのような役割を果たしているかご存知ですか。

この記事では

  • パスポート
  • ビザ
  • パスポートビザの違い

それぞれに分けて説明していきます。

パスポート

パスポート

日本から海外へ出国する際には、パスポートの携帯は必須です。

何故、パスポートの携帯は必須なのでしょうか。

パスポートの役割

パスポートは、政府ないしそれに相当する公的機関が交付し、国外に渡航する者に、

  1. 国籍及びその他身分に関する事項に証明
  2. 外国官庁に保護を依頼

このような性質を持った公文書です。

パスポート

国籍及びその他身分に関する事項の証明

皆さんもご存知だと思いますが、パスポートは、国内外での身分証明書としての役割を果たしています。

日本国内では身分証明書として、

  • 運転免許証
  • 健康保険証

を提示しますが、これらは日本語で書かれており、日本では身分証明書として扱われますが、海外では身分証明書にはなりません。

外国官庁に保護等の依頼

パスポートの表紙を1枚めくると、左側のページに文章が記載されています。

外国官庁に保護等の依頼

日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう。関係の諸官に要請する。
日本国外務大臣

The minster for foreign affairs of Japan requests all those whom it may concern to allow the bearer, a Japanese national, to pass freely and without hindrance and, in case of need, to afford him or her every possible aid and protection.

要は日本政府から渡航先の国の関係機関の方々に、「日本人が困っていたら助けてあげて下さい。」というお願いです。

パスポートの種類

一般旅券・・・一般的なパスポート。犯罪を犯したり検察庁から公訴を提起されている者・仮出所中・執行猶予中など事情がある者については、行き先や有効期限が制限されたパスポート(限定旅券)が交付されたり、申請を却下される事もあります。

公用旅券(OFFICIAL PASSPORT)・・・国会議員や特別職国家公務員、公的機関の職員、文化庁の認める在外研修員が公務で外国へ渡航する場合に交付されます。

外交旅券(DIPLOMATIC PASSPORT)・・・ 皇族、三権の長(内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官)、国務大臣等政府高官、特命全権大使、外交官等が公務で渡航する場合に交付されます。

緊急旅券(EMERGENCY PASSPORT)・・・ 在外公館に設置された旅券作成機が故障等で交付が不可能、なおかつ、本国外務省での旅券交付を待つ時間的余裕がない場合や、帰国のための渡航書の交付基準に当たらない者に交付されます。

天皇と皇后は国際慣習における元首待遇によりパスポートは必要ありません。

ビザ

ビザ

ビザ(又は査証(さしょう))とは、国家が自国民以外に対して、

  • その人物の所持する旅券が有効
  • その人物が入国しても差し支えない

上記を示す証書の事です。

ビザは、渡航先国に入国する目的により異なります。

  • 観光ビザ
  • 学生ビザ
  • 雇用ビザ

等々、国によって色々な種類のビザが用意されています。

ビザ発行の審査は、原則、在外公館(大使館・領事館等)で行われます。

ビザ

大使館や領事館の詳細についてはこちら

大使館と領事館の違いをわかりやすく解説
大使館と領事館の違いをわかりやすく解説 各国に大使館と領事館が存在しますが、それぞれの 目的 職務 特権(権利) についてご存知でしょうか。 この記事では、大使館と領事館の 目的 職務 特権(権...

査証(ビザ)免除

海外渡航する度にビザが必要というわけでもありません。

一部の国では、観光目的かつ短期間の滞在なら、ビザの発行を受けずに入国出来ます。

日本国のパスポート保持者は、ビザ免除の国が多く、ビザなし渡航可能国数は世界1位です。

ビザ免除の国
ビザ免除の国

パスポートとビザの違い

パスポートとビザの違い

パスポートは、各国政府が発行し国外に渡航する人に国籍や身分を証明するものです。

対してビザは、渡航先の国が自国民以外の人に入国を許可するために発行する、いわゆる入国許可書となるものです。

つまり

  • パスポート・・・自国政府機関が発行
  • ビザ・・・渡航先国が発行

という事になります。

パスポートとビザの違い

例えば、インドに旅行するとします。

一般パスポート保持者は、インド入国の際にビザが必要です。

パスポートは日本政府がパスポート申請者に対して申請書類等を考慮し発給されます。

パスポートはあくまで日本政府がパスポート保持者の海外渡航を認めているだけで、渡航先の国々の政府機関(今回の例の場合、インド政府)からすれば、そのパスポート保持者が本当にインド入国しても問題がないか審査する必要があります。

そのパスポートが偽造された可能性もありますし、日本政府としては問題がない日本人でもインド政府からみればインド入国に問題がある人物かもしれません。

その日本人のインド入国の是非をインド政府側が判断する必要があるのです。

それがビザの申請です。

無事インド政府の入国許可が下りると、パスポートビザを貼付されます。

以上、

  • パスポート
  • ビザ
  • パスポートビザの違い

の説明になります。

コメント