Mac Book Air故障時対処法とバッテリー交換手順

Mac book air故障時の対処法とバッテリー交換手順




Mac Book Air故障時対処法とバッテリー交換手順

この記事では、

  • Mac Book Airのハードウェア故障時の対処法
  • Mac Book Airのバッテリー交換の手順

について筆者の経験を基に解説していきます。

Mac Book Airのハードウェア故障時の対処法

Mac Book Airのハードウェア故障時の対処法

筆者は、Mac Book Airでブログ作成時に、突然、焦げ臭い匂いと共にMac Book Airの電源が落ち故障しました。

焦げ臭い匂いがしたのでソフトウェアの問題ではなく、ハードウェアの問題だろうなと思い、専門業者に診てもらったところ、マザーボードに問題があり、部品等を交換して修理してもらいました。

Mac Book Airが故障した時の

  • ハードウェア故障の確認方法
  • ハードウェアが故障した場合の対応

それぞれに分けて説明していきます。

ハードウェア故障の確認方法

元々Apple製品に備わっているリセット機能を利用して、ハードウェアに故障があるか確認します。

  1. NVRAM・PRAMリセット
  2. SMCリセット
  3. Apple Diagnostics

の順番で修復を試みます。

NVRAM・PRAMリセット

NVRAMまたはPRAMに記録されている設定情報に関してMac Book Airで問題が起きている場合、リセットすれば解決できる可能性があります。

NVRAM(Non-Volatile Random Access Memory)・・・「不揮発性ランダムアクセスメモリ」。

Mac Book Airがすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリです。

NVRAMに記憶される設定情報には、

  • 音量
  • 画面解像度
  • 選択されている起動ディスク
  • 時間帯
  • 最近起きたカーネルパニックの情報 等々

が該当します。

PRAM(Parameter Random Access Memory)・・・NVRAMと似た情報が保存されています。

NVRAM・PRAMのリセット方法

NVRAM・PRAMのリセット方法

  • Macを終了します
  • 「Option + command + P + R」のキーを押したまま電源を入れます
  • 「ジャーン」というMacの起動音が2度鳴るまでキーを押し続け、2度起動音を確認したら放します


NVRAM・PRAMリセットに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Mac で NVRAM または PRAM をリセットする
NVRAM または PRAM に記録されている設定情報に関して Mac で問題が起きている場合、リセットすれば解決できる可能性があります。

SMCリセット

SMCは

  • System Management Controller(システム管理コントローラ)の略
  • Intel搭載のMacにおいてハードウェアに近い機能を制御

しています。

SMCの役割には

  • 電源ボタンを押したときの反応
  • Macのディスプレイの蓋を開いたり閉じたりしたときの反応
  • バッテリー管理
  • 熱管理
  • SMS(緊急モーションセンサー)
  • 環境光センサー機能
  • キーボードのバックライト機能
  • ステータスランプ(SIL)管理
  • バッテリー残量のインジケータランプ 等々

があります。

SMCのリセット方法

SMCのリセット方法

  • Macを終了します
  • MagSafe(電源アダプタ)をMacに接続します
  • 「shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します。
  • 3つのキー全部と電源ボタンを同時に離します
  • Macの電源を入れます


SMCリセットに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Mac の SMC をリセットする方法
システム管理コントローラ (SMC) をリセットすると、電源、バッテリー、ファン、その他の機能に関わる一部の問題を解決できます。

Apple Diagnostics

問題の原因がソフトウェアによるものか、ハードウェアによるものか原因を特定することができます。

Apple Diagnosticsの方法

Apple Diagnosticsの方法

  • Macを終了します
  • Macの電源を入れて、すぐにキーボードの「D」キーを押したままにします。
  • 言語の選択画面が表示されるまで、キーを押し続けます。
  • Apple Diagnosticsで言語が認識されると、Macの診断中であることを示す進行状況バーが表示されます。
  • Macの診断には 2 〜 3 分かかります。Apple Diagnosticsで問題が見つかった場合は、
    • 推奨する解決策
    • リファレンスコード

    が表示されます。次に進む前に、リファレンスコードを書き留めておいてください。

  • 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • テストを繰り返すには、「テストを実行し直してください」をクリックするか、「command + R」キーを押します。
    • 修理サービスやサポートのオプションなど、詳しい情報を確認するには、「開始する」をクリックするか、「command + G」キーを押します。
    • Macを再起動するには、「再起動」をクリックするか、「R」キーを押します。
    • システム終了するには、「システム終了」をクリックするか、「S」キーを押します。


Apple Diagnosticsに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Apple Diagnostics を使って Mac をテストする
Apple Diagnostics (旧称 Apple Hardware Test) では、Mac のハードウェアに問題がないか調べることができます。
  • 上記のリセット方法も効かない
  • そもそも電源が入らない

これらの場合は、外部への修理依頼をする事をお勧めします。

ハードウェアが故障した場合の対応

ハードウェアが故障した場合は、外部に修理依頼をする必要があります。

外部への修理依頼の選択肢としては、大きく下記の3パータンになると思います。

  • Genius Bar(ジーニアスバー)を予約し、Apple store 直営店に持ち込む
  • Apple 正規サービスプロバイダーへの修理依頼
  • Apple 非公認サービスプロバイダーへの修理依頼
Genius Bar(ジーニアスバー)・・・Apple store 直営店が持つ重要な機能のひとつです。
簡単に言えばサポートカウンターで、トラブルを抱えたMac book airを持ち込めば、

  • その場でのマシンに関する相談
  • マシンを検証
  • 必要に応じて修理や交換まで実施

空いていれば飛び込みでもサービスを受けられますが、常に込んでいるので、アップルのウェブサイトから予約しておくのがお勧めです。

Get Support
Contact Customer Support

筆者のお勧めの外部の修理依頼の手順としては

  1. Apple 社のサポートセンターに電話・相談
  2. Apple store 直営店 or Apple 正規サービスプロバイダーで
    • Mac Book Air故障箇所の確認
    • Mac Book Air故障箇所の修理見積の取得
  3. Apple 非公認サービスプロバイダーでMac book air故障箇所の修理見積の取得
Apple 非公認サービスプロバイダーで見積を取る際に、

  • Mac Book Air故障箇所の確認
  • Mac Book Air故障箇所の修理見積の取得

を知らずに持ち込むと、プロバイダーによっては顧客の無知を利用して、

  • 故障箇所以外の部位の請求
  • 過大請求

をしてくる可能性があるので、Apple store 直営店 or Apple 正規サービスプロバイダーで

  • Mac Book Air故障箇所の確認
  • Mac Book Air故障箇所の修理見積の取得

を事前に行っておきましょう。

これらを一通り揃えた上で、何処に修理依頼するか判断するべきです。

外部修理機関の修理費用比較

Apple store 直営店Apple store 直営店(Apple Care+)Apple 公認の正規サービスプロバイダApple 非公認のサービスプロバイダ
修理費用53,000 円23,800 円53,000 円 ~ 60,000円25,000 円 ~ 40,000円
Apple Care+・・・Mac製品購入後、

  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償電話サポート

が付きます。

AppleCare+に加入すると、保証とサポートがMacの購入日から3年間に延長されます。

加入価格23,800 円
加入出来る期間Apple製品購入後30日以内
ハードウェア保証期間購入から3年間


AppleCare+に関して詳しく知りたい方は、こちらのAppleCare製品をご覧ください。

Apple(日本)
Apple store 直営店

Apple store 直営店で修理を依頼する方法として

  • Genius Bar(ジーニアスバー)への持ち込み修理
  • Appleリペアセンターへ郵送する方法(配送修理)

があります。


Apple Store直営店の場所は、こちらのApple Store 日本を利用ください。

お近くのApple Store - ストア一覧 - Apple
世界各地のApple Storeのリスト。各ストアのページではストアへの行き方や営業時間などがわかります。


Appleリペアセンターへ郵送する場合、こちらのApple サポートへのお問い合わせを利用ください。

Get Support
Contact Customer Support
Apple 公認の正規サービスプロバイダ

Apple公認の正規サービスプロバイダとは

  • Appleが規定している修理などを行う設備を備え
  • Appleの認定資格を持つ係員が対応
  • Apple純正の部品を使用

これらの条件を備えた店舗です。

Apple store 直営店まで遠く出向くのが難しい方は便利かもしれません。

メリットは

  • Apple store 直営店と同様のクオリティを担保している
  • Apple store 直営店と同じ製品保証を受けられる

一方、デメリットは

  • 配送修理の店舗は少なく、持ち込み修理の店舗が多い
  • 修理費用がApple store 直営店のそれと同額かそれ以上の金額

Apple公認の正規サービスプロバイダ

Apple 非公認のサービスプロバイダ

メリットは、修理費用が

  • app store 直営店
  • Apple 公認の正規サービスプロバイダ

より断然に安いことが多いです。

製品保証の有無については、サービスプロバイダ毎に違います。

一方、デメリットは、一度、Apple非公認のサービスプロバイダへ修理を出すと、その製品に関しては二度と正規のサポートを受けられなくなってしまいます。

Mac Book Airのバッテリー交換の手順

Mac Book Airのバッテリー交換の手順

Mac Book Airも機械ですので動力源である電気が枯渇すると作動しなくなります。

Mac Book Airへの電気供給の役割を果たしているバッテリーにも寿命があり、寿命が来るとMac Book Airへの電気供給は止まってしまいます。

バッテリーの寿命を迎えたら、新しいバッテリーに交換する必要があります。

Mac Book Airの

  • バッテリー交換時期
  • バッテリー交換手順

それぞれに分けて解説していきます。

この記事で扱うMac Book Airは、

  • 11-inch
  • Mid 2013年
  • 機種 ID:Mac Book Air 6.1

のモデルになります。

Mac Book Air(11-inch Mid 2013)

保有するMac Book Airのモデルが分からない方はこちらから確認して下さい

MacBook Air のモデルを識別する
以下の情報を参考にして、お使いの MacBook Air のモデルを確認してください。MacBook Air の歴史の中でどこに該当するモデルかもわかります。

バッテリー交換時期

消耗品には寿命があり、Mac Book Airのバッテリーも例外ではありません。

つまり、Mac Book Airのバッテリーも所定の充放電回数までしか充電できません。

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数上限

Mac Book Air(11-inch Mid 2013)モデルの場合、充放電回数の上限は1,000回になります。

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数の上限

保有するMac Book Airのバッテリー充放電回数の上限を確認する記事はこちら

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる
Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数の調べ方を説明します。

Mac Book Airのバッテリーの現在の充放電回数

保有するMac Book Airの充放電回数の上限は分かりました。

次に、保有するMac Book Airの現在の充放電回数を知る必要があります。

筆者の場合、バッテリー交換後、18回充放電した事になります。
(Mac Book Airの言語設定を英語にしているため、情報表記が英語になっています)

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数

保有するMac Book Airの現在のバッテリー充放電回数を確認する記事はこちら

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる
Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数の調べ方を説明します。

バッテリー交換手順

自身でMac Book Airのバッテリーを交換をする際、注意しておかなくてはいけないことがあります。

それは一度、自身でMac Book Airを修理することで、自身で修理したMac Book Airに関しては、Appleからの保証対象外になってしまう事です。

Mac Book Airのバッテリー交換の方法は

  • Appleに郵送・持込
  • 自身でバッテリーを調達・交換

の2通り存在します。

 Appleに郵送・持込自身でバッテリーを調達・交換
費用12,800 円 + 消費税バッテリー本体の費用のみ(5,000 ~ 6,000 円)
バッテリー本体正規品互換品
保証Apple 保証自己責任(自己修理製品に関しては 今後、Apple 保証対象外)
修理の手間Appleへの郵送・持込素人でも30分あれば修理可能

Mac Bookの修理・Appleへの修理依頼費用に関する記事はこちら

Mac Book Air故障時対処法とバッテリー交換手順
Mac Book Air故障時対処法とバッテリー交換手順この記事では、 Mac Book Airのハードウェア故障時の対処法 Mac Book Airのバッテリー交換の手順について筆者の経験を基に解説していきます。...

自身でのバッテリー交換

自身でのバッテリー交換をする為に、Mac Book Airの互換品バッテリーを調達する必要があります。

互換品だから正規品と比べて性能が劣るのではないかと思われる方がいらっしゃると思いますが、Appleの保証が受けれなくなる位で、性能の差は全然ありません。

それでも気になる方は、調達する互換品のレビューをしっかりチェックする事をお勧めします。

早速、調達するMac Book Airの互換品バッテリーを紹介します。

筆者は、SLODAの製品を購入しました。

SLODA

SLODA

バッテリー本体に加えて、交換用ドライバーが付いてきます。

SLODA

メーカー違いだと、Ansanor製品があります。

Ansanor製品の場合、バッテリー本体に加えて

  • 交換用ドライバー
  • キーボードカバー

が付いてきます。

実際にMac Book Airのバッテリーを交換していきます。

素人でも30分あれば余裕で出来ます。

手順としては

  • 裏蓋のネジを外す
  • バッテリーの取り外し
  • 新しいバッテリーの取り付け
  • 裏蓋のネジを付ける

となります。

全体を通しての「Mac Book Airのバッテリー交換」動画もあります。

MacBook Airのバッテリーを自分で交換する方法!
裏蓋のネジを外す

先ずはMac Book Airの背面のネジを外します。

本体を裏返して、交換用ドライバーを使い、画像の赤枠箇所のネジを外します。

Mac Book Airのバッテリー交換

バッテリーの取り外し

次に、バッテリーを本体から外します。

バッテリーを外す為に、

  1. 赤枠の5箇所のネジを外します(ネジを外してもバッテリーと本体のコネクタは繋がっています)
  2. 本体とバッテリーが繋がっている青枠のコネクタを外します

Mac Book Airのバッテリー交換

新しいバッテリーの取り付け
  1. 新しく調達したバッテリーを取り出し
  2. コネクタをはめて
  3. 開封時の逆の手順でネジを止めて

バッテリー交換の終了です。

Mac Book Airのバッテリー交換

以上、

  • Mac book airのハードウェア故障時の対処法
  • Mac book airのバッテリー交換の手順

についての解説になります。

コメント