Mac bookが故障したときの対処法【ハードウェア】




Mac bookが故障したときの対処法【ハードウェア】

故障は突然やってきます。

筆者は Mac book airでブログ作成している時に、突然、焦げ臭い匂いと共にMac book airの電源が落ちました。

正直、焦げ臭い匂いがした時点でソフトウェアの問題ではなく、ハードウェアの問題だろうなと思っていました。

この記事では、Mac book air のハードウェアが故障した場合の対応について説明します。
(そもそも、ハードウェアの故障がどうかもわからない方もいると思います。ハードウェアの故障かどうかの確認方法も説明します。)

対応の順番として

  1. 自分で修理対応(修理方法)
  2. 外部への修理依頼(修理金額の比較を含む)

と順に説明していきます。

スポンサーリンク

自分で修理対応

自分で修理対応

自分で修理対応と言っても、工具を持ち出して修理するわけではなく、元々Apple製品に備わっているリセット機能を試すだけです。

  1. NVRAMPRAMリセット
  2. SMCリセット
  3. Apple Diagnostics

の順番で修復を試みます。

NVRAM・PRAMリセット

NVRAMまたはPRAMに記録されている設定情報に関してMacで問題が起きている場合、リセットすれば解決できる可能性があります。

NVRAM・・・Non-Volatile Random Access Memoryの略。
和訳すると「不揮発性ランダムアクセスメモリ」。
Macがすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリです。
NVRAMに記憶される設定情報には、

  • 音量
  • 画面解像度
  • 選択されている起動ディスク
  • 時間帯
  • 最近起きたカーネルパニックの情報 等々

が該当します。

PRAM・・・Parameter Random Access Memoryの略。
NVRAMと似たような情報が保存されています。

NVRAM・PRAMのリセット方法

NVRAM・PRAMのリセット方法


出典:Apple Inc.
  • Macを終了します
  • Option + command + P + R」のキーを押したまま電源を入れます
  • 「ジャーン」というMacの起動音が2度鳴るまでキーを押し続け、2度起動音を確認したら放します


NVRAMPRAMリセットに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Mac で NVRAM または PRAM をリセットする
NVRAM または PRAM に記録されている設定情報に関して Mac で問題が起きている場合、リセットすれば解決できる可能性があります。

SMCリセット

SMC・・・System Management Controller(システム管理コントローラ)の略です。

SMCは、Intel搭載のMacにおいてハードウェアに近い機能を制御しています。

SMCの役割

  • 電源ボタンを押したときの反応
  • Macのディスプレイの蓋を開いたり閉じたりしたときの反応
  • バッテリー管理
  • 熱管理
  • SMS(緊急モーションセンサー)
  • 環境光センサー機能
  • キーボードのバックライト機能
  • ステータスランプ(SIL)管理
  • バッテリー残量のインジケータランプ 等々

SMCのリセット方法

SMCのリセット方法

  • Macを終了します
  • MagSafe(電源アダプタ)をMacに接続します
  • shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します。
  • 3つのキー全部と電源ボタンを同時に離します
  • Macの電源を入れます

出典:Apple Inc.


SMCリセットに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする方法
Intel 搭載の Mac で SMC をリセットする方法について説明します。

Apple Diagnostics

問題の原因がソフトウェアによるものか、ハードウェアによるものか原因を特定することができます。

Apple Diagnosticsの方法

Apple Diagnosticsの方法

  • Macを終了します
  • Macの電源を入れて、すぐにキーボードの「D」キーを押したままにします。
    言語の選択画面が表示されるまで、キーを押し続けてください。
  • Apple Diagnosticsで言語が認識されると、Macの診断中であることを示す進行状況バーが表示されます。
  • Macの診断には 23 分かかります。Apple Diagnosticsで問題が見つかった場合は、
    • 推奨する解決策
    • リファレンスコード

    が表示されます。次に進む前に、リファレンスコードを書き留めておいてください。

  • 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • テストを繰り返すには、「テストを実行し直してください」をクリックするか、「command + R」キーを押します。
    • 修理サービスやサポートのオプションなど、詳しい情報を確認するには、「開始する」をクリックするか、「command + G」キーを押します。
    • Macを再起動するには、「再起動」をクリックするか、「R」キーを押します。
    • システム終了するには、「システム終了」をクリックするか、「S」キーを押します。


Apple Diagnosticsに関して詳しく知りたい方は、こちらのアップル・サポートをご覧ください。

Mac での Apple Diagnostics の使い方
Apple Diagnostics は Mac のハードウェアに問題がないかテストし、解決策を提案してくれます。
  • 上記のリセット方法も効かない
  • そもそも電源が入らない

これらの場合は、外部への修理依頼をする事をお勧めします。

外部への修理依頼

外部への修理依頼

外部の修理依頼の選択肢としては、大きく下記の3パータンになると思います。

  • Genius Bar(ジーニアスバー)を予約し、Apple store 直営店に持ち込む
  • Apple 正規サービスプロバイダーへの修理依頼
  • Apple 非公認サービスプロバイダーへの修理依頼

Genius Bar(ジーニアスバー)・・・Apple store 直営店が持つ重要な機能のひとつです。
簡単に言えばサポートカウンターで、トラブルを抱えたMacを持ち込めば、

  • その場でのマシンに関する相談
  • マシンを検証
  • 必要に応じて修理や交換まで実施

空いていれば飛び込みでもサービスを受けられますが、常に込んでいるので、アップルのウェブサイトから予約しておくのがお勧めです。

Get Support
Contact Customer Support

筆者のお勧めの外部の修理依頼の手順としては

  1. Apple 社のサポートセンターに電話・相談
  2. Apple store 直営店 or Apple 正規サービスプロバイダーで
    • Mac故障箇所の確認
    • Mac故障箇所の修理見積の取得
  3. Apple 非公認サービスプロバイダーでMac故障箇所の修理見積の取得
Apple 非公認サービスプロバイダーで見積を取る際に、

  • Mac故障箇所の確認
  • Mac故障箇所の修理見積の取得

を知らずに持ち込むと、プロバイダーによっては顧客の無知を利用して、

  • 故障箇所以外の部位の請求
  • 過大請求

をしてくる可能性があります。

よって、Apple store 直営店 or Apple 正規サービスプロバイダーで

  • Mac故障箇所の確認
  • Mac故障箇所の修理見積の取得

は必須です。

これらを一通り揃えた上で、何処に修理依頼するか判断するべきです。

外部修理機関の修理費用比較

Apple store 直営店 Apple store 直営店(Apple Care+) Apple 公認の正規サービスプロバイダ Apple 非公認のサービスプロバイダ
修理費用 53,000 円 23,800 円 53,000 円 ~ 60,000円 25,000 円 ~ 40,000円

Apple Care+・・・
Macには、製品購入後、

  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償電話サポート

がついています。

AppleCare+に加入すると、保証とサポートがMac購入日から3年間に延長されます。

Apple Care+

加入価格 23,800 円
加入出来る期間 Apple製品購入後30日以内
ハードウェア保証期間 購入から3年間


AppleCare+に関して詳しく知りたい方は、こちらのAppleCare製品をご覧ください。

Apple(日本)

Apple store 直営店

Apple store 直営店で修理を依頼する方法として

  • Genius Bar(ジーニアスバー)への持ち込み修理
  • Appleリペアセンターへ郵送する方法(配送修理)

があります。


Apple Store直営店の場所は、こちらのApple Store 日本を利用ください。

Apple - お近くのApple Store - ストア一覧
世界各地のApple Storeのリスト。各ストアのページではストアへの行き方や営業時間などがわかります。


Appleリペアセンターへ郵送する場合、こちらのApple サポートへのお問い合わせを利用ください。

Get Support
Contact Customer Support

Apple 公認の正規サービスプロバイダ

Apple公認の正規サービスプロバイダとは

  • Appleが規定している修理などを行う設備を備え
  • Appleの認定資格を持つ係員が対応
  • Apple純正の部品を使用

これらの条件を備えた店舗です。

Apple store 直営店まで遠く出向くのが難しい方は便利かもしれません。

メリット

  • Apple store 直営店と同様のクオリティを担保している
  • Apple store 直営店と同じ製品保証を受けられる

デメリット

  • 配送修理の店舗は少なく、持ち込み修理の店舗が多い
  • 修理費用がApple store 直営店のそれと同額かそれ以上の金額

Apple公認の正規サービスプロバイダ

Apple 非公認のサービスプロバイダ

メリット
修理費用が

  • app store 直営店
  • Apple 公認の正規サービスプロバイダ

より断然に安いことが多いです。

製品保証の有無については、サービスプロバイダ毎に違います。

デメリット
一度、Apple 非公認のサービスプロバイダへ修理を出すと、その製品に関しては二度と正規のサポートを受けられなくなってしまいます。

コメント

  1. […] Mac bookが故障したときの対処法【ハードウェア】Mac bookが故障したときの対… […]