グーグルアドセンス審査に合格する方法




グーグルアドセンス審査に合格する方法

ブログ運営されている方にとって、ブログ運営で収益が生み出されば、ブログを書き続けられるモチベーションになりますよね。

ブログ運営で収益が生み出す方法はいくつかありますが、今回はその中でも有名なGoogle Adsense(グーグルアドセンス)を取り上げます。

Google Adsense(グーグルアドセンス)広告を自サイトのブログに貼る為には、Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査に合格する必要があります。

今記事では、Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査に何度も落ちてしまったものの、落選理由が分からない方の為に書きました。

Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査で合格する為の対策として

  • 最低限気を付けなければならない不合格理由
  • 意外と気付かない不合格理由

2つに分けて説明します。

筆者がGoogle Adsense(グーグルアドセンス)に合格した時、

  1. 新規ドメインを取得
  2. Word Pressでブログを開設
  3. 1週間で
    • 記事数は5記事
    • プライバシーポリシーの設置
    • 問い合わせフォームの設置

    のコンテンツを作成し

  4. Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査申請
  5. 5時間後に審査合格の連絡が来ました。

以前開設していたブログではGoogle Adsense(グーグルアドセンス)15回以上落ちました。

そこで、Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査の為に新規ドメインを取得し、その審査の1回目の結果が上記の審査合格という結果になりました。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

Google Adsense(グーグルアドセンス)の不合格理由

グーグルアドセンス

Google Adsense(グーグルアドセンス)審査不合格の理由には多種ありますが、ここでは

  • 最最低限気を付けなければならない不合格理由
  • 意外と気付かない不合格理由

それぞれ取り上げます。

最低限気を付けなければならない不合格理由

不十分なコンテンツ

審査の結果、「不十分なコンテンツ」で不合格になった場合、理由は簡単です。

単に、公開している

  • 記事数
  • 記事中の文字数

が少ないからです。

では、合格の目安としては

  • 記事数・・・5記事以上
  • 記事中の文字数・・・1,000文字以上

グーグルアドセンス

上記のスクリーンショットは実際に筆者がGoogle Adsense(グーグルアドセンス)を申請した際のコンテンツです。

  • 投稿に関しては
    1. 記事数・・・5
    2. 総文字数・・・7,360
    3. 1記事当たりの文字数・・・1,472
  • 固定ページのコンテンツは
    • プライバシーポリシー
    • 問い合わせフォーム

Googleのポリシーに準拠していないサイト

AdSenseのプログラムポリシーによると、複数のポリシーがありますが、普通にブログを書く中で注意が必要なポリシーだけ、ピックアップしました。

全てのプログラムポリシーを知りたい方はAdSenseヘルプをチェックしてみて下さい。

AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ
禁止コンテンツ
  1. アダルト コンテンツ
  2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  3. 危険または中傷的なコンテンツ
  4. 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  5. アルコールに関連するコンテンツ
  6. タバコに関連するコンテンツ
  7. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  8. ヘルスケアに関連するコンテンツ
  9. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  10. 報酬プログラムを提供するページ
  11. 不適切な表示に関連するコンテンツ
  12. 衝撃的なコンテンツ
  13. 武器および兵器に関連するコンテンツ
  14. 不正行為を助長するコンテンツ
  15. 違法なコンテンツ
YMYL

YMYLとは、”Your Money Your Life” の略です。

昨今の審査では

  • お金

に関することは特に厳しく見られています。

つまり、

  • 投資関連
  • 医療関連

に関する記事は、Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査的には避けた方が無難です。

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

この不合格理由で心当たりがある方は良いですが、自分がオリジナルな文章を作成したつもりで、この不合格理由は正直お手上げですよね。

その場合は、無料コピーチェックツール「CopyContentDetector」を使用するのが賢明かもしれません。

無料&無制限で使えるコピーコンテンツチェックツール
無料&無制限で使えるコピペチェックツールです。表記ゆれなども検知することができます。

意外と気付かない不合格理由

価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について

  • 自分のサイト内で同じような内容の記事が複数ある
  • 自分のサイト内に同じような表題がある。
  • メディアページを記事内に貼ってある
  • 記事がないカテゴリを作成している
  • グローバルメニューの作成
メディアページを記事内に貼ってある

WordPressでは画像

  • 投稿
  • 固定ページ

に添付すると、デフォルト機能で画像ごとにページが作成されます。

特に、プラグイン等を利用してメディアファイルを貼付している方は要注意です。

メディアメディア

そして、このページをGoogleクローラーインデックスしてしまうと、「文字が全くない投稿記事」と判断されます。

Googleクローラー・・ウェブページを巡回し、情報を収集してデータベースに登録(インデックス)するプログラム(ロボット)のことを指します。

インデックス・・Google(検索エンジン)に、Webサイトのページを登録する事を指します。

つまり、「コンテンツのないサイト」になるわけです。

では、どのように対応したらいいかというと、

  1. Googleクローラー
  2. 画像ページを
  3. インデックスさせない = No index(インデックス)

する必要があります。

対策として、ここではwordpressプラグインで

  • All in SEO Pack
  • Yoast SEO

どちらかを使用している前提で話を進めます。

All in SEO Packを使用

All in SEO Pack

  1. Noindex設定
  2. NOINDEXをディフォルト
  3. メディアをチェックします。

これで

  • 投稿
  • 固定ページ

それぞれに添付した画像は、インデックスされなくなります。

Yoast SEOを使用

Yoast SEO

  1. Search Appearance
  2. Mediaタブの
  3. Media & attachment URLsを「いいえ
  4. Show メディア in search results?を「いいえ

これで

  • 投稿
  • 固定ページ

それぞれに添付した画像は、インデックスされなくなります。

記事がないカテゴリを作成している

ユーザーが記事を見易くする為に、記事にカテゴリーを作るのはGoogleの「ユーザーを最優先」という使命にもあるように必須の作業になります。

Google の使命についてはコチラ

Google 検索の仕組み | ユーザーを最優先する
最適な検索結果を提供し続けるために実施している検索の変更のテスト、および Google 検索を無料で提供するための広告の仕組みについてご紹介します。

しかし、カテゴリーの中に記事が含まれていない場合、Googleクローラーは、「コンテンツのないサイト」と見なされます。

筆者が合格した際、カテゴリー1つだけ作成し、その中に5記事全て入れました。

グーグルアドセンス

グローバルメニューの作成

ユーザーが記事を見易くする為に良く言われているのが、
2クリック以内でトップページからサイト内の全てのページにアクセス出来るようにする

そこで重要になってくるのが、グローバルメニューの作成。

トップページから全てのページへ2クリックで全てのページにアクセス出来るように設置してみて下さい。

グローバルメニュー

コメント

  1. […] グーグルアドセンス審査に合格する方法【2018/12】|Yone's Archive […]

  2. […] グーグルアドセンス審査に合格する方法【2018/12】 […]