インドのコルカタ空港でトランジットを経験




インドのコルカタ空港でトランジットを経験

ここでのトランジットというのは、航空機の乗り継ぎの事を指します。

出発地から到着地までの間、経由地で飛行機を乗り換える事です。

  • 出発地経由地
  • 経由地到着地

経由地で飛行機を乗り換える際に

  • 同じ航空会社
  • 航空アライアンスを結んだ会社での乗り継ぎ

上記の場合は、出発国のチェックインカウンターで、

  • 出発地経由地
  • 経由地到着地

両区間の航空機の搭乗券を発券してもらう為、飛行機の乗り継ぎが出国後エリア内で済むので、入国の際にビザが必要な国でも、経由地国(トランジット国)で入国管理局(イミグレ)を通る必要がありません

ビザの目的・役割に関しての記事

パスポートとビザの違い
パスポートとビザの違い パスポートとは、各国政府が発行し国外に渡航する人に国籍や身分を証明するものです。 対してビザとは、渡航先の国が自国民以外の人に入国を許可するために発行する、いわゆる入国許可書となるものです。 ...

しかし、

  • 出発地経由地
  • 経由地到着地

上記の乗り継ぎが、

  • 別の航空会社
  • 航空アライアンスを結んでいない会社での乗り継ぎ

出発地から搭乗予定の航空会社のチェックインカウンターでは、出発地経由地(トランジット国)間の搭乗券は発券して貰えますが、経由地(トランジット国)到着地の搭乗券は発券して貰えません。

経由地(トランジット国)到着地の搭乗券を発券して貰うには、経由地(トランジット国)の搭乗予定の航空会社のチェックインカウンターに行かなければなりません。

※空港によっては、乗り継ぎチェックインカウンターを設けている航空会社もあります

今回は、インドのコルカタでトランジット予定の場合に、どのようにスムーズに乗り継ぐかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コルカタ空港

コルカタ空港

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、インドは入国するにはビザが絶対に必要です。

つまり、チェックインカウンターで搭乗券を発券するためには、入国審査を通過しないと出発ホールにある各航空会社のチェックインカウンターに辿り着けないので、ビザが必要になります。

しかし、コルカタ空港の場合、経由地(トランジット国)としてインド経由した場合、空港のスタッフが自分の代わりに出発ホールにある各航空会社に出向き、搭乗券を取得してくれます。

どのような流れで、空港スタッフが自分の代わりに搭乗券を取得してくれるか見ていきましょう。

コルカタ空港到着後

コルカタ空港到着後、『International Transfer(インターナショナル・トランスファー)』と書かれた案内板があるので、その案内通りに歩を進めます。

International Transfer

Transfer Desk(トランスファー・デスク)

Transfer Desk

International Transfer(インターナショナル・トランスファー)』と書かれた案内板通りに歩を進めると、『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』と書かれた案内板があるので、それを見つけましょう。

空港のスタッフが、
transit passenger please follow me(乗り継ぎの乗客は私についてきて)
と声掛けしている場合もあります。

その場合は、空港のスタッフが『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』まで連れて行ってくれます。

その空港のスタッフの方がいなくても、自力で空港のスタッフに『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』の場所を尋ねて、『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』に辿り着きましょう。

Transfer Desk(トランスファー・デスク)到着後

Transfer Desk

Transfer Desk(トランスファー・デスク)』には、スタッフが座っています。

座っていない場合は、近くにいる空港スタッフに 
「Where is a transfer desk helper?(トランスファー・デスクのスタッフ何処にいるの?)」と尋ねましょう。

Transfer Desk(トランスファー・デスク)』のスタッフと接触後は、航空機乗り継ぎの旨を伝え、

  • 事前予約したスマートフォンのE-ticket
  • 事前予約したE-ticketのプリントアウト

を提示します。

パスポートとその予約した証拠の物を『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』のスタッフに預けて30分位待ちます。

※事前予約したスマートフォンのE-ticketしか持っていない場合、『Transfer Desk(トランスファー・デスク)』のスタッフがスマートフォンをチェックインカウンターに持っていく可能性が高いので、E-ticketのプリントアウトを事前に用意しておくことをお勧めします。

搭乗券取得後

搭乗券取得後

Transfer Desk(トランスファー・デスク)』のスタッフが先導して、国際線エリアに連れていってくれます。

途中で荷物検査を受ける必要があります。

荷物検査を受ければ、後は飛行機の搭乗を待つだけです。

コメント

  1. ともとも より:

    チェンナイでトランジット、入国審査せずにのりつげますか?
    来た便のおりかえしで帰るという、強行軍てす

    • admin admin より:

      チェンナイでの国際線の乗り換えは経験が無いので分かりませんが、出発地→経由地(チェンナイ)と経由地(チェンナイ)→目的地の利用航空会社が違うんですよね?
      出発地→経由地(チェンナイ)と経由地(チェンナイ)→目的地の利用航空会社が同じなら、入国審査は要らないですけど…..