SBI証券の投資信託「積立投資」でTポイントを貯める

【初心者】おすすめネット証券の手数料・投資信託を比較




SBI証券の投資信託「積立投資」でTポイントを貯める

従来、株式の取引は、証券会社の店舗に出向き口座開設を行い、電話等々を利用して株式の売買を行っていました。

日本の大手証券会社と言えば、

  • 野村證券 (野村ホールディングス)
  • 大和証券 (大和証券グループ本社)
  • SMBC日興証券 (三井住友フィナンシャルグループ)
  • みずほ証券 (みずほフィナンシャルグループ)
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (MUFG完全子会社の三菱UFJ証券ホールディングスとモルガン・スタンレーグループの合弁)

の五社になります。

 運営会社設立日資本金株主
野村證券野村證券2001年5月100億円野村ホールディングス株式会社 100%
大和証券大和証券1999年4月1,000億円大和証券グループ本社 100%
SMBC日興証券SMBC日興証券2009年6月100億円株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
みずほ証券みずほ証券1917年7月1,251億6,700万円みずほフィナンシャルグループ 95.8%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券1948年3月405億円三菱UFJフィナンシャル・グループ 100%

しかし、インターネットの普及によりネット証券が誕生します。

ネット証券では

  • 口座開設
  • 日本円の入出金
  • 株式等々の金融商品の売買

が、インターネットを通して行えます。

ネット証券の運営は、物理的な店舗を構えている事が少なく、人員も少数精鋭で事業運営できる為、人的コストが掛からず、そのコスト削減分を利用者の売買手数料等々の低減に還元しています。

またネット証券の、

  • スマートフォン
  • ノートパソコン

で利用出来る取引ツールも充実しています。

大手証券会社に対して大手ネット証券会社は

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券

の五社です。

 運営会社設立日資本金株主
SBI証券SBI証券1944年3月483億2,313万円SBIホールディングス 100%
楽天証券楽天証券 1999年3月74億9,500万円楽天カード株式会社 100%
マネックス証券マネックス証券1999年5月122億円マネックスグループ株式会社 100%
auカブコム証券auカブコム証券1999年11月191.09(資本準備金含む)・三菱UFJ証券ホールディングス 51.00%
・auフィナンシャルホールディングス 49.00%
松井証券松井証券1931年3月119億4,500万円・(有)丸六 33.79%
・(有)松興社 13.91%
・日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 8.93%

大手証券会社と大手ネット証券会社である

  • 野村證券
  • 大和証券
  • SBI証券
  • 楽天証券

それぞれの

  • 残あり顧客口座数
  • 預り資産残高
  • NISA口座数

を比較してみます。

 残あり顧客口座数
(千口座)
預り資産残高
(十億円)
NISA口座数
(千口座)
 
野村證券5,323112,2001,750店舗型総合証券
大和証券3,02062,400867店舗型総合証券
SBI証券5,12512,9231,650インターネット専業証券
楽天証券4,4027,9211,316インターネット専業証券

預り資産残高では、大手証券会社と大手ネット証券会社には大きな差がありますが、顧客口座数ではそれほど差が見られません。

これは、ネット証券の口座開設が比較的容易に行える事が一因だと思われます。

この記事では、SBI証券で投資を始めようと考えている方向けに

  • SBI証券の特徴
  • SBI証券の投資信託で「積立投資」

それぞれ説明していきます。

SBI証券の特徴

ネット証券会社・選定ポイント

SBI証券
商号株式会社SBI証券
設立日1944年3月
資本金483億2,313万円
主要株主SBIホールディングス・・・100%
登録番号・関東財務局長(金商)第44号
・関東財務局長(銀代)第12号
加入協会 ・日本証券業協会
・(社)金融先物取引業協会
・(社)第二種金融商品取引業協会

以下、SBI証券の特徴を

  • 売買手数料
  • 投資信託
  • 取引ツール

に分けて説明していきます。

SBI証券・売買手数料

SBI証券の売買手数料では、

  • スタンダードプラン・・・一注文の約定代金に対して掛かる手数料
  • アクティブプラン・・・一日の約定代金合計額に対して掛かる手数料

があります。

各ネット証券も同様に、

  • 一注文の約定代金に対して手数料が掛かるコース
  • 一日の約定代金合計額に対して手数料が掛かる定額コース

と二コースの売買手数料を用意しています。

一注文の約定代金に対して手数料が掛かるコースの各ネット証券の比較は下記の通りです。

一注文の約定代金の取引金額5万円まで10万円まで20万円まで50万円まで100万円まで
SBI証券50円 (税込55円)90円 (税込99円)105円 (税込115円)250円 (税込275円)487円 (税込535円)
楽天証券55円(税込)99円(税込)115円(税込)275円(税込)535円(税込)
DMM.com証券50円(税込55円)80円(税込88円)97円(税込106円)180円(税込198円)340円(税込374円)
GMOクリック証券	88円(税込96円)98円(税込107円)241円(税込265円)436円(税込479円)
マネックス証券100円180円450円(成行注文)1,000円
(指値注文)1,500円
松井証券1日の約定代金合計金額で決定
岡三オンライン証券99円(108円)200円(220円)350円(385円)600円(660円)
auカブコム証券90円180円250円990円
ライブスター証券50円(税込:55円)80円(税込:88円)97円(税込:106円)180円(税込:198円)340円(税込:374円)
FXネオ月額のサービス利用料のみ
LINE証券99円176円198円484円869円

一方、一日の約定代金合計額に対して手数料が掛かる定額コースの各ネット証券の比較は下記の通りです。

一日の約定代金合計金額5万円まで10万円まで20万円まで50万円まで100万円まで
SBI証券0円762円 (税込838円)
楽天証券0円943円(税込)
DMM.com証券取扱いなし
GMOクリック証券	213円(税込234円)399円(税込438円)797円(税込876円)
マネックス証券2,500円
松井証券0円1,000円
岡三オンライン証券0円800円(880円)
auカブコム証券90円180円250円(約定金額×0.09%+90円)
〔上限:3,690円〕
ライブスター証券400円(税込:440円)600円(税込:660円)
FXネオ月額のサービス利用料のみ

220円(税込) / 月額
1,100円(税込)/ 月額
LINE証券取扱いなし

現物取引

現物取引とは、自身の現金で株式売買を行う投資手法です。

以下、SBI証券の現物取引に掛かる売買手数料になります。

スタンダードプランアクティブプラン
5万円まで50円 (税込55円)50万円まで0円
10万円まで90円 (税込99円)
20万円まで105円 (税込115円)
50万円まで250円 (税込275円)
100万円まで487円 (税込535円)100万円まで762円 (税込838円)
150万円まで582円 (税込640円)以降100万円増加毎に400円 (税込440円)
ずつ増加
3,000万円まで921円 (税込1,013円)
3,000万円超973円 (税込1,070円)

信用取引

信用取引とは

  • 現金
  • 金融商品

を委託保証金として証券会社に預け、それらを担保に

  • 資金
  • 株式

を借り入れて株式売買を行う投資手法です。

信用取引に関する詳細はこちら

信用取引の仕組みを初心者に図解でわかりやすく解説
信用取引の仕組みを初心者に図解でわかりやすく解説株式投資をする上で、現物の株式を利用する投資手法には 現物取引 信用取引の2種類あります。株式の現物取引は、ご存知の方も多いかと思いますが、 証券会社の...

以下、SBI証券の信用取引に掛かる売買手数料になります。

スタンダードプランアクティブプラン
1注文の約定代金・約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計
・約定日の前営業日の新規建約定代金合計
1日の約定代金合計額・約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計
・約定日の前営業日の新規建約定代金合計
5,000万円未満5,000万円以上5,000万円未満5,000万円以上
10万円まで90円 (税込99円)0 円50万円まで0 円0 円
20万円まで135円 (税込148円)
50万円まで180円 (税込198円)
50万円超350円 (税込385円)100万円まで477円 (税込524円)
以降100万円
増加毎に
400円 (税込440円)
ずつ増加

SBI証券・投資信託

SBI証券が取り扱う投資信託の概要です。

投資信託商品数買付手数料ゼロ
(ノーロード)
インデックス信託報酬0.55%以下投資信託(ファンド)
残高1,000億円以上
2,654 本2,654 本442 本296 本67 本
  • SBI証券
  • 楽天証券

の投資信託の取扱い数は、各ネット証券会社と比較すると差が歴然です。

 投資信託
(本数)
NISA積立NISAiDeCo
SBI証券2,688
楽天証券2,654
DMM.com証券
GMOクリック証券	115
マネックス証券1165
松井証券1258
岡三オンライン証券540
auカブコム証券1242
ライブスター証券2
FXネオSBI証券のiDeCo
LINE証券28

SBI証券が取扱う投資信託の中で、販売順位上位の商品は以下の通りです。

販売順位商品名運用会社分類
(投資対象地域)
純資産
(百万円)
信託報酬額
(%)
NISA積立NISA
1SBI・バンガード・S&500インデックス・ファンド SBI国際株式
(北米)
68,5830.0938
2SBI日本株4.3ブルSBIブル・ベア
(日本)
11,9200.968
3iFreeレバレッジ NASDAQ100大和ブル・ベア
(北米)
29,2980.99

次に、

  • NISA・積立NISA
  • iDeCo

で扱うオススメの投資信託商品について、それぞれ見ていきます。

NISA・積立NISA

  • インデックス
  • 買付手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬0.55%以下
  • 投資信託(ファンド)残高1,000億円以上

の条件に合致する投資信託商品は5つになります。

商品名運用会社分類
(投資対象)
純資産
(百万円)
信託報酬額
(%)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)三菱UFJ国際国際株式
(北米)
152,6780.0968
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイ国際株式
(グローバル)
199,7360.1023
ニッセイ日経225インデックスファンドニッセイ国内株式
(日本)
151,1450.275
eMAXIS Slim先進国株式インデックス三菱UFJ国際国際株式
(グローバル)
125,9560.1023
楽天・全米株式インデックス・ファンド 楽天国際株式
(北米)
135,5880.162

インデックス投資に関する詳細はこちら

インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説
インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説投資を始めようとしている方に、お勧めの投資方法である「インデックス投資」。投資初心者に限らず、プロの個人投資家・機関投資家も基本の投資方法は「インデックス投資」です。...

iDeCo

  • インデックス
  • 買付手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬0.55%以下
  • 投資信託(ファンド)残高1,000億円以上

の条件に合致する投資信託商品は4つになります。

商品名運用会社分類
(投資対象)
純資産
(百万円)
信託報酬額
(%)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)三菱UFJ国際国際株式
(北米)
152,6780.0968
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイ国際株式
(グローバル)
199,7360.1023
ニッセイ日経225インデックスファンドニッセイ国内株式
(日本)
151,1450.275
eMAXIS Slim先進国株式インデックス三菱UFJ国際国際株式
(グローバル)
125,9560.1023

NISAとiDeCoの違いの詳細はこちら

NISAとiDeCoの併用?NISAとiDeCoの違い
NISAとiDeCoの併用?NISAとiDeCoの違い将来の資産形成を目的に、日本政府が個人投資家向けに設計した投資優遇制度として NISA・・・2014年1月より開始 iDeCo・・・2017年1月より開始が利用出...

SBI証券・取引ツール

 株式先物OPFXCFD
投資信託
パソコン用HYPER SBI
HYPER SBI
HYPER SBI
HYPER SBI
SBI CFDトレーダー
SBI CFDトレーダー
スマートフォン用SBI証券 株
SBI証券 株
HYPER 先物OP
HYPER 先物・オプション
HYPER FX
HYPER FX
HYPER CFD
HYPER CFD
情報サイト・国内株式
国内株式向け
・投資信託
投資信託向け
・iDeCo
iDeCo向け

SBI証券・口座開設手順

SBI証券の証券口座開設手順は

  1. メールアドレスの登録
  2. 認証コードの入力
  3. 顧客情報の設定
  4. 規約の確認
  5. 入力内容の確認
  6. 口座開設方法の選択
  7. 口座開設申込の完了

という手順を踏みます。

SBI証券に会員登録をする方はコチラ

SBI証券の証券口座開設を電話対応で希望の方はこちら

電話対応は、ネクシィーズ・トレードが行います。

ネクシィーズ・トレードは、個人投資家のすそ野を広げる目的で

  • 株式会社ネクシィーズ
  • 株式会社SBI証券

が共同で設立した会社です。

SBI証券・口座開設手順

メールアドレスの登録

SBI証券・メールアドレスの登録

認証コードの入力

SBI証券・認証コードの入力

SBI証券・認証コードの入力

顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

SBI証券・顧客情報の設定

規約の確認

SBI証券・規約の確認

入力内容の確認

SBI証券・入力内容の確認

SBI証券・入力内容の確認

SBI証券・入力内容の確認

口座開設方法の選択

SBI証券・口座開設方法の選択

口座開設申込の完了

SBI証券・口座開設申込の完了

以上、SBI証券の会員登録手順となります。

SBI証券の投資信託で「積立投資」

SBI証券の投資信託で「積立投資」

SBI証券ではTポイントを貯めたり、使えたりする「Tポイントサービス」を提供しています。

SBI証券が提供する

  • 投資信託
  • 国内株式
  • 金・プラチナ・銀などの商品

の金融商品の取引に応じてTポイントを貯めることができるほか、保有しているTポイントを使って投資信託を買付できる「ポイント投資」が可能です。

ポイント投資 サービス概要

サービス概要投資信託の買付代金にTポイントが利用可能
(「全部利用する」と「一部利用する」より使用するポイント数を指定可能)
対象サービス金額指定の買付
(積立買付、口数買付は対象外)
ポイント利用単位1ポイント1円分として利用可能
・利用上限:なし
・利用下限:なし
対象銘柄SBI証券取扱の投資信託
対象ポイント・Tポイント
・期間固定Tポイント
注意事項・インターネット取引サービスでの買付が対象
・ジュニアNISA口座における買付は対象外
・新規募集期間中の銘柄、外貨建MMFは本サービスの対象外
・ポイント利用による投資信託のお買付の際も、各投資信託の最低買付金額に準拠
・他ポイントから交換されたTポイントも投資信託のお買付にて利用可能

Tポイントの獲得条件

 内容Tポイント付与率
国内株式手数料マイレージ国内株式現物取引・スタンダートプラン手数料
・現物PTS取引手数料
の月間の合計手数料の1.1%相当
投資信託マイレージ投資信託保有残高対象投資信託の月間平均保有額が、
・1,000万円未満の場合・・・年率0.1%
・1,000万円以上の場合・・・年率0.2%
金・プラチナ・銀マイレージ金・プラチナ・銀取引・スポット取引手数料
・積立買付手数料
の月間合計手数料の1.0%
新規口座開設一律100ポイントの期間限定Tポイント
国内株式入庫1回の移管入庫につき100ポイント
※異名義からの移管は対象外。

実際に筆者が積立投資で運用している投資信託商品は下記の通りです。

商品名運用会社分類
(投資対象地域)
純資産
(百万円)
信託報酬額
(%)
連動インデックス
SBI・全世界株式インデックス・ファンド国際株式
(グローバル)
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

以上、

  • SBI証券の特徴
  • SBI証券の投資信託で「積立投資」

についての説明になります。

コメント