プロサッカー選手になる為に必要な練習量は?




この記事は約 3分0秒で読み終わります

プロサッカー選手になる為には

プロサッカー選手の定義に関する記事はこちら

プロサッカー選手の定義とは
プロサッカー選手の定義とは プロサッカー選手とはどのような定義なのでしょうか? プロサッカー選手になる為の難易度に関する記事はこちら プロサッカー選手になる為に必要な練習量に関する記事はこちら FIF...

プロサッカー選手になる為の難易度に関する記事はこちら

プロサッカー選手になる為の難易度を計算してみる【男子編】
プロサッカー選手になる為の難易度を計算してみる【男子編】 プロサッカー選手になる難易度を考えてみたいと思います。 J1リーガー:登録選手数 571人(2018年時点) J2リーガー:登録選手数 638人(2018年時点) ...
スポンサーリンク

日本でプロサッカー選手になるステップ

日本でプロサッカー選手になるステップ

日本でプロサッカー選手になる為には

  • Jリーグ下部組織からの昇格
  • 高校からスカウトで入る
  • 大学からスカウトで入る
  • 社会人でJFLのチームからJ3に昇格する
  • 海外でプロのサッカー選手になってJリーグに逆輸入する(セレクションの可能性もある)

社会人からJリーグのチームに練習参加し、入団するという方法もなくはないのですが、Jクラブと強い人脈を持っている人が斡旋してくれる等の事がない限り、可能性は相当低いと思います。

税理士や弁護士の国家資格のように、受験資格要件を満たせば、受験資格が与えられて受験できるというものではありません。

日本でプロサッカー選手になる為のどの位、練習時間を費やすか

日本でプロサッカー選手になる為のどの位、練習時間を費やすか

勿論、今から計算する数字が必要最低条件でもなく、単純な目安です。

今回は、

  • 小学生1年生からサッカーを始め
  • 12時間の練習が5
  • 週に試合が1試合
  • 週に1回、1日はオフ

という1週間のサイクル。という条件で計算していきます。

1週間のサッカー活動時間:2(時間) × 5(日) + 1.5(時間) × 1(日) = 11.5(時間) 

1年間のサッカー活動時間:11.5(時間) × 52(週) = 598(時間)

小学校6年間のサッカー活動時間:598(時間) × 6(年間) =  3,588(時間)

中学校3年間のサッカー活動時間:598(時間) × 3(年間) =  1,794(時間)

高校3年間のサッカー活動時間:598(時間) × 3(年間) =  1,794(時間)

大学4年間のサッカー活動時間:598(時間) × 4(年間) =  2,392(時間)

日本サッカー協会の規定によると、プロサッカー選手は16歳以上なので、

高校1年生で誕生日が41日の人で、中卒でプロのサッカー選手になれた人は、

3,588(時間) + 1,794(時間) = 5,382(時間)

高卒でプロのサッカー選手になれた人は、

3,588(時間) + 1,794(時間) + 1,794(時間) = 7,176(時間)

大卒でプロのサッカー選手になれた人は、

3,588(時間) + 1,794(時間) + 1,794(時間) + 2,392(時間) = 9,568(時間)

試合時間を90分で設定し、計算しています。
 特に小学校や中学生は90分での試合は聞いた事がないですが、1日に2,3試合する事も多く合計で90分位していると考えています。
 そもそも1週間のサッカー活動時間が11.5(時間)と保守的に見積もってあり、全体的に合計のサッカー活動時間は上振れると思われます。

日本で弁護士になる為のどの位、勉強時間を費やすか

日本で弁護士になる為のどの位、勉強時間を費やすか

国家資格である弁護士合格に必要と言われている学習時間は、
3,000時間から10,000時間と言われています。
弁護士資格取得の試験も誰でも受験できるわけではなく、受験資格要件を満たす必要があります。

2017年 出願者数 6,716人、 受験者 5,967人 、 合格者 1,543

1,543(人) ÷ 5,967(人) = 0.258588 (約25.85%)

コメント

  1. […] […]