【オススメ】口座開設必須のネット銀行




【オススメ】口座開設必須のネット銀行

現代の日本人の多くが未だに銀行に足を運び、ATMを利用して

  • 日本円の入出金
  • 振込

をしています。

そんな中、新たな形態の銀行として認知度を高めつつあるネット銀行

ネット銀行とは、物理的な店舗を構える事なく、一般的な銀行業務をインターネットを介して全て行われる銀行の事を指します。

ネット銀行は、物理的な店舗を構えない為、

  • 店舗の取得代・固定資産税・店舗の家賃(減価償却費・租税公課・賃借料)
  • 店舗内の行員(人件費)

これらのコストが掛からない為、都市銀行・地方銀行等々と比較すると、

  • 普通預金金利の高さ
  • 振込手数料等々の安さ

が魅力です。

皆さんが銀行を利用する主な目的は

  • 日本円を銀行に預ける(普通預金)
  • 銀行内ATMを利用して日本円を入出金する
  • 日本円を他者に振込

上記の内容だと思われます。

日本円を預金・入出金・振込をする度に銀行に訪れていては、コストが掛かり過ぎてしまいます

「コストが掛かり過ぎる」とは、どういう意味なのか、

  • 人的コスト
  • 物的コスト

それぞれの面から見ていきます。

人的コスト
月収24万円で会社勤務しているAさんがいるとします。

Aさんの時給は1,500円になります。(1日8時間、1ヶ月20日勤務と仮定)

  1. Aさんの会社から銀行まで車で5分
  2. 銀行に到着後、入出金・振込に5分

それぞれ掛かるとすると、Aさんが会社を出発してから帰ってくるまで、合計15分掛かっている事になります。

これを人的コストの面から見ると、

(15分 ➗ 60分) ✖️ 1,500円 = 375

1回当たり、375円の人的コストが発生しています。

物的コスト
Aさんが会社から銀行に行く際に使用する車両のガソリン代がいくら掛かっているのか計算してみます。(車両取得の減価償却費は省略します)

  • 車の平均速度・・・20km/時(信号で止まる時間を考慮)
  • レギュラーガソリンの金額・・・130円/l
  • 車の燃費・・・20km/l

上記の各々の数値は仮定です。

20km/時 ✖️ 5分 = 1.6km(往復:3.2km)

これを物的コストの面から見ると、

(130円/l ➗ 20km/l) ✖️ 3.2km = 約20

1回当たり、約20円の物的コストが発生しています。

総合コスト
375円 ➕ 20円 = 395円

1ヶ月に2回、銀行に行っているとした場合、1年間では
395円 ✖️ 2回 ✖️ 12ヶ月 = 9,480

上記のコストに加えて、

  • 入出金手数料
  • 振込手数料

が掛かっています。

  • 人的コスト
  • 物的コスト

これらの数字は、あくまで仮定ですので御了承下さい。

本説明での趣旨は、「銀行に毎回訪れる度にコストが掛かっている」と言う点です。

ネット銀行は、インターネットに接続されている

  • ノートパソコン
  • スマートフォン

を通して、時間・場所を選ばず利用出来るので、是非一度利用して、その利便性を経験して頂きたいと思います。

この記事では、数あるネット銀行の中から、僕がオススメのネット銀行を紹介します。

都市銀行 VS ネット銀行

都市銀行 VS ネット銀行

皆さんが普段、銀行を利用するに当たって頻繁に利用するサービスである

  • 普通預金
  • ATM利用
  • 振込

それぞれのサービスに掛かる費用について、都市銀行ネット銀行を比較してみます。

 預金口座数(千口座)預金残高(億円)普通預金金利ATM利用手数料振込手数料
入金出金同行宛他行宛
楽天銀行
8,388 34,856
0.02 %・3万円以上→無料
・3万円未満→220円又は275円(*1)
220円又は275円(*1)無料・3万円未満→168円
・3万円以上→262円
住信SBIネット銀行
3,79754,2420.001 %無料110円無料157円
GMOあおぞらネット銀行
未公表5080.001 %無料110円無料157円
三菱UFJ銀行
約40,0001,528,7060.001 %無料又は110円(*2)無料又は110円(*2)無料(*3)・3万円未満→220円
・3万円以上→330円(*3)
三井住友银行
約28,0001,160,9110.001 %無料(*4)無料又は110円(*4)無料(*3)・3万円未満→220円
・3万円以上→440円(*3)
みずほ銀行
約24,0001,194,1120.001 %無料又は110円・220円(*5)無料又は110円・220円(*5)無料(*6)
・3万円未満→110円
・3万円以上→220円(*7)
・3万円未満→220円
・3万円以上→440円(*3)
(*1)ATM提携企業により異なります
(*2)当行ATMにおける手数料
・8:45~21:00→無料
・その他の時間帯→110円
(*3)インターネットバンキング利用
(*4)当行ATMにおける手数料
入金 無料
出金
平日
・0:00~8:45→110円
・8:45~18:00→無料
・18:00~24:00→110円
土・日・祝日
110円
(*5)当行ATMにおける手数料
平日
・0:00~8:00→220円
・8:00~8:45→110円
・8:45~18:00→無料
・18:00~23:00→110円
・23:00~24:00→220円
土・日・祝日
・0:00~8:00→220円
・8:00~22:00→110円
・22:00~24:00→利用不可
(*6)みずほ銀行同一支店宛
(*7)みずほ銀行本支店宛

この情報を見る限り、都市銀行ネット銀行のサービスには大きな差が見られません。

  • 預金口座数
  • 預金残高

歴史の差なのか、都市銀行ネット銀行のこれらの数字には大きな差があります。

では、会社規模・財務状況を考慮するとネット銀行のサービスと大して変わらない都市銀行の方がメリットは大きいのでしょうか。

また、ネット銀行を利用するメリットは何処にあるのでしょうか。

結論から先に言わせて頂くと、

  • 利便性の高さ
  • 優遇プログラムの充実度

利便性の高さ

未だ日本では現金主義な為、日本円を現金でATMから引き出す必要があります。

都市銀行の場合、当行ATMを利用すれば無料な銀行は多いですが、郊外に住んでいる方にとって、都市銀行の当行ATMが自分の身近な環境に設置されている事は稀です。

身近な環境に設置されているコンビニ等々の提携ATMより引き出すと、ATM利用手数料が掛かります。

しかし、ネット銀行では、ネット銀行提供の優遇プログラムにより回数制限は有るものの、コンビニ提携ATMのATM利用手数料は無料です。

 当行ATM利用手数料提携コンビニATM利用手数料
入金出金入金出金
楽天銀行



当行ATM無し



当行ATM無し



優遇プログラム利用で無料(回数制限あり)



優遇プログラム利用で無料(回数制限あり)
住信SBIネット銀行
GMOあおぞらネット銀行
三菱UFJ銀行
・8:45~21:00→無料
・その他の時間帯→110円
平日
・0:00~8:45→220円
・8:45~18:00→110円
・18:00~24:00→220円
土・日・祝日
220円
三井住友银行
無料平日
・0:00~8:45→110円
・8:45~18:00→無料
・18:00~24:00→110円
土・日・祝日
110円
平日
・0:00~8:45→220円
・8:45~18:00→110円
・18:00~24:00→220円
土・日・祝日
220円
みずほ銀行
平日
・0:00~8:00→220円
・8:00~8:45→110円
・8:45~18:00→無料
・18:00~23:00→110円
・23:00~24:00→220円
土・日・祝日
・0:00~8:00→220円
・8:00~22:00→110円
・22:00~24:00→利用不可
平日
・0:00~8:45→220円
・8:45~18:00→110円
・18:00~24:00→220円
土曜日
・0:00~8:00→220円
・8:00~22:00→220円
・22:00~24:00→利用不可
日曜日
・0:00~8:00→利用不可
・8:00~23:00→220円
・23:00~24:00→220円
祝日
・0:00~8:00→220円
・8:00~23:00→220円
・23:00~24:00→220円

加えて、ネット銀行のスマートフォンアプリは都市銀行のそれと比較すると、圧倒的に使い勝手が良く

  • 残高照会
  • 取引履歴閲覧
  • 振込手続き

これらが手軽に出来ます。

優遇プログラムの充実度

ネット銀行が提供する優遇プログラムは、一定の条件を満たすだけで、下記の特典があります。

  • 普通預金金利・・・普通預金金利が都市銀行の10倍 ~ 100倍の利率
  • ATM利用手数料・・・無料(回数制限あり)
  • 振込手数料・・・無料(回数制限あり)
 普通預金金利ATM利用手数料振込手数料
入金出金同行宛他行宛
楽天銀行
0.1 %無料
(月最大7回)
無料
(月最大7回)
無料無料
(月最大3回)
住信SBIネット銀行
0.01 %無料無料
(月2回~15回)
無料無料
(月1回~15回)
GMOあおぞらネット銀行
0.11 %無料無料
(月2回~15回)
無料無料
(月1回~15回)

優遇プログラムをうまく利用する事で、銀行利用に関する費用が全く掛かる事なく、普通預金金利の利息が得られます。

ATM利用手数料振込手数料1回につき100円程度の支出ですが、それが100回、1,000回となると、馬鹿に出来ない金額の支出になります。

ネット銀行は、

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 第二地方銀行 等々

これら金融機関が身近な環境に無い人ほど、便利な金融機関になります。

ネット銀行の比較

ネット銀行の比較

ここまで、都市銀行ネット銀行を比較しながら、ネット銀行のメリットを説明してきました。

しかし、そのネット銀行も日本では複数存在します。

複数存在するネット銀行の中で、優良ネット銀行5行選出し、各行の

  • 預金口座数
  • 預金残高

を比較してみます。

 預金口座数(千口座)預金残高(億円)
楽天銀行
8,38834,856
住信SBIネット銀行
3,79754,242
GMOあおぞらネット銀行
未公表508
イオン銀行
6,56034,834
ソニー銀行
147020478

また、これら優良ネット銀行5行の通常プログラムによる

  • 普通預金金利
  • ATM手数料
  • 振込手数料

それぞれについては下記のようになっています。

 普通預金金利ATM利用手数料振込手数料
入金出金同行宛他行宛
楽天銀行
0.02 %・3万円以上→無料
・3万円未満→220円又は275円(ATM提携企業により異なる)
220円又は275円(ATM提携企業により異なる)無料・3万円未満→168円
・3万円以上→262円
住信SBIネット銀行
0.001 %無料110円(税込)無料157円(税込)
GMOあおぞらネット銀行
0.001 %無料110円(税込)無料157円(税込)
イオン銀行
0.001 %イオン銀行→無料・イオン銀行→無料
・イオン銀行以外の提携ATM→
平日8:45~18:00は100円、それ以外は200円
無料220円(税込)
ソニー銀行
0.001 %無料110円(税込)無料220円(税込)

イオン銀行は物理店舗も構えており、ネット銀行と呼べるのか疑問が生じますが、日常生活でイオンを多用される方にとっては、特典が多い銀行になります。

ネット銀行

  • 普通預金金利
  • ATM手数料
  • 振込手数料

上記サービスを考慮した上で、お勧めのネット銀行

  1. 楽天銀行
  2. 住信SBIネット銀行
  3. GMOあおぞらネット銀行

になります。

これらネット銀行3行の優遇プログラムによる

  • 普通預金金利
  • ATM手数料
  • 振込手数料

を再掲します。

 普通預金金利ATM利用手数料振込手数料
入金出金同行宛他行宛
楽天銀行
0.1 %無料
(月最大7回)
無料
(月最大7回)
無料無料
(月最大3回)
住信SBIネット銀行
0.01 %無料無料
(月2回~15回)
無料無料
(月1回~15回)
GMOあおぞらネット銀行
0.11 %無料無料
(月2回~15回)
無料無料
(月1回~15回)

お勧めネット銀行

お勧めネット銀行

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行のメリットは

  • 楽天証券との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用することで、普通預金金利が、0.02% ⇒ 0.10%」に大幅アップする事
  • 楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる事

楽天銀行楽天証券の口座を連動させる為に、特に投資をする必要は無く、単にそれぞれの口座を開設して連動するように設定するだけです。

投資に興味が無い人でも、簡単に普通預金金利を、0.02% ⇒ 0.10%」に大幅アップ出来ます。

楽天銀行に関する記事はこちら

楽天銀行口座開設のメリットと口座開設手順
楽天銀行口座開設のメリットと口座開設手順 新たな形態の銀行に属するネット銀行。 ネット銀行の代表格と言えば、楽天銀行。 元々はイーバンク銀行という名称でしたが、楽天グループによる買収後、楽天銀行に改名しました。 ...

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、

  • ATM利用
  • 振込

これらが毎月、複数回発生する方にとって大変お勧めのネット銀行です。

住信SBIネット銀行口座を開設後、

  • 住信SBIネット銀行口座に30万円の預金残高
  • 30歳未満

これら、どちらかの条件を満たしていれば、住信SBIネット銀行提供の優遇プログラムである「スマプロランク」の特典により

  • ATM出金利用手数料無料回数・・・5回 / 月
  • 他行振込手数料無料回数・・・3回 / 月

これらが利用可能になります。

住信SBIネット銀行に関する記事はこちら

住信SBIネット銀行口座開設のメリット・デメリット
住信SBIネット銀行口座開設のメリット・デメリット 現在では、大手ネット銀行の住信SBIネット銀行。 その住信SBIネット銀行の歴史を少し遡ると、 1986年6月3日・・・住友信託銀行の事務を受託する完全子会社として、住信オ...

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行の口座開設は

  • GMOクリック証券の口座を持っている方
  • 普通預金金利が少しでも高い方が良いと思っている方

これらの方にお勧めです。

あおぞら銀行BANK支店では、無条件で普通預金金利0.20%に設定していますが、コンビニATMの出金手数料は、100 ~ 300 円掛かってしまいます。

あおぞら銀行BANK支店に100万円を1年間預けると、

1,000,000円 ✖️ 0.20% = 2,000円(税引前)の利息が貰えますが、1年間に20回以上コンビニATMから出金すれば、普通預金金利の利息分は消えてしまいます。

その点、GMOあおぞらネット銀行

  • ATM出金利用手数料無料回数・・・2回 / 月
  • 他行振込手数料無料回数・・・1回 / 月

これらが保証されているので、上手くコンビニATMを利用する事で、普通預金金利の利息を無駄にしなくて済みます。

GMOあおぞらネット銀行に関する記事はこちら

GMOあおぞらネット銀行口座のメリット・デメリット
GMOあおぞらネット銀行口座のメリット・デメリット GMOあおぞらネット銀行株式会社は、 あおぞら銀行 GMOインターネットグループ それぞれがが共同出資するネット銀行です。 2016年6月、あおぞら銀行はインター...

コメント