インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説

インデックス投資?インデックスファンドとベンチマーク




インデックス投資?投資信託とETFの仕組み・違いを解説

投資を始めようとしている方に、お勧めの投資方法である「インデックス投資」。

投資初心者に限らず、プロの個人投資家・機関投資家も基本の投資方法は「インデックス投資」です。

この記事では、

  • インデックス投資
  • 投資信託(ファンド)とETFの仕組み

それぞれについて説明していきます。

インデックスとは?

インデックスとは?

インデックスとは本来

  1. 索引、見出し
  2. 指数、指標

という意味を持ちます。

特に、金融・投資業界のインデックスは、市場の動きを表す指数(=インデックス)という意味で使われています。

このインデックスの意味の「市場の動きを表す・・・」の「市場」とは

  • 株式市場
  • 債券市場
  • 商品(コモディティ)市場 等々

を指し、日本の株式市場の有名なインデックスで言えば、

  • 日経平均株価(日経225)
  • 東証株価指数(TOPIX)

が挙げられます。

日経平均株価(日経225)とは、

  1. 日本経済新聞社が東京証券取引所第一部に上場する約2000銘柄の株式のうち225銘柄を選定
  2. 「225銘柄の株価の合計 ÷ 225」が原則の計算方法により算出

するインデックスです。

日経平均株価(日経225)というインデックスにより、日本の株式市場全体の大まかな値動きを把握することができます。

インデックス投資

インデックス投資とは、インデックスと同じ値動きを目指す投資方法です。

例えば、日経平均株価(日経225)のインデックス投資の場合、東京証券取引所第一部に上場する約2000銘柄の株式のうち225銘柄に投資することになります。

この場合、メリットとして

  • 225銘柄に投資する事により、分散投資効果が生まれる(ローリスク)
  • インデックス連動した運用成果を目指す為、一つの銘柄の株価変動により収益が大きく左右されない
  • 銘柄選定等々の時間的コストが掛からない

一方、デメリットとして

  • 一つの銘柄への集中投資ではない為、ハイリターンは望めない
  • インデックスを構成する取扱銘柄の個別銘柄を一つ一つ購入すると時間が掛かる
  • インデックスを構成する取扱銘柄の個別銘柄を一つ一つ購入すると多大な購入費用が掛かる

が挙げられます。

このデメリットを解消、且つインデックス投資が可能な金融商品が

  • 投資信託(ファンド)
  • ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

になります。

例えば、日経平均株価(日経225)に連動した

  • 投資信託(ファンド)
  • ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

を購入する事で、「日本を代表する大手企業225社すべてに投資」するのと同じ効果が得られるのです。

インデックス投資と比べられる手法として、「アクティブ投資」がありますが、アクティブ投資は、株価指数と連動した成果を目指すのではなく、成長性が高いと見込まれる銘柄を個別に選んで運用していく投資方法になります。

インデックス(パッシブ)運用アクティブ運用
運用スタイル分散投資集中投資
リスクベンチマークに連動しており低リスクパッシブ運用よりもリスクは高い
リターンベンチマークに連動している為、高いリターンは期待できないパッシブ運用よりも高いリターンを期待できる
コスト株価指数(インデックス )をベンチマークとし、株価指数(インデックス )の組み入れ銘柄と、同じ銘柄を同じ比率で投資信託(ファンド)に組み入れることが多いため、ファンドマネジャーが銘柄を調査・選定する必要が無く、人件費があまり掛からないファンドマネジャーが企業調査や経済分析などをした上で銘柄を選定する為、人件費が大きく掛かる

投資信託とETF

投資信託とETF

  • 投資信託(ファンド)
  • ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

それぞれ説明をしていきます。

投資信託(ファンド)

投資信託(ファンド)とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)が国内外を問わず

  • 株式
  • 債券
  • 商品(コモディティ)等々

に投資・運用を行い、得た成果を投資家に分配する金融商品のことを指します。

投資信託(ファンド)

投資家は、

  • 運用会社
  • 運用商品(投資信託(ファンド))
  • 投資額

をそれぞれ選べますが、運用そのものは運用会社に任せるので専門的な投資の知識がなくても資産運用が可能です。

運用の専門家(ファンドマネージャー)

投資信託(ファンド)の仕組み

投資信託の仕組み

投資家が投資信託(ファンド)を購入する一連の流れを見ていきます。

  1. 投資信託販売会社である、証券会社や銀行が運用会社に申込
    投資信託の購入

    投資信託販売会社の役割・・・

    • 投資家ごとの口座の管理
    • 投資信託の販売や換金
    • 投資信託の分配金・償還金の支払い
    • 投資家の資産運用の相談・質問に応対 等々

    を行っています。

  2. 運用会社である資産運用会社が管理会社に運用指図
    投資信託の仕組み

    運用会社の役割・・・投資信託(ファンド)を作り(設定)、投資家から集めた資金(信託財産)を運用する事が主な役割になります。

    運用会社では、

    1. 経済・金融情勢などに関するさまざまなデータを収集・分析
    2. 信託財産をどの資産にどうやって投資するのかを計画
    3. 信託銀行に対して運用を指図

    という一連の流れで役割を果たしています。

    運用会社は投資信託の法律上、「委託者」と呼ばれます。

  3. 管理会社である信託銀行が金融市場に投資
    投資信託の仕組み

    管理会社の役割・・・投資家から集めた資産(信託財産)を保管・管理します。

    管理会社である信託銀行は運用会社からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理を行います。

    信託銀行では、投資家から集めた信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)しています。

    信託銀行は投資信託の法律上、「受託者」と呼ばれます。

以上が、投資信託(ファンド)の基本的な仕組みになります。

インデックス(パッシブ)運用・アクティブ運用

投資信託(ファンド)の運用方法には、大きく

  • インデックス(パッシブ)運用
  • アクティブ運用

があります。

インデックス(パッシブ)運用とは、運用目標とされるインデックス(日経平均株価やTOPIXなどの指標)に連動する運用成果を目指す運用手法のことをいいます。

一方、ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用手法のことを、アクティブ運用といいます。

ベンチマークとは、その投資信託(ファンド)が運用の目安としている指数(インデックス)を指します。

株式市場には値動きがあり、上昇と下落を繰り返します。

インデックス(パッシブ)運用のファンドマネージャーは、ベンチマークを株式市場全体の指数(インデックス)に置いており、運用成果がインデックスと同じ値動きとなることを目指します。

一方で、アクティブ運用のファンドマネージャーは、日々のインデックスの値動きを追うのではなく、株式市場全体の中で、将来株価が上昇する銘柄を探し続けています。

インデックス(パッシブ)運用・アクティブ運用

インデックス(パッシブ)運用アクティブ運用
運用スタイル分散投資集中投資
リスクベンチマークに連動しており低リスクパッシブ運用よりもリスクは高い
リターンベンチマークに連動している為、高いリターンは期待できないパッシブ運用よりも高いリターンを期待できる
コスト株価指数(インデックス )をベンチマークとし、株価指数(インデックス )の組み入れ銘柄と、同じ銘柄を同じ比率で投資信託(ファンド)に組み入れることが多いため、ファンドマネジャーが銘柄を調査・選定する必要が無く、人件費があまり掛からないファンドマネジャーが企業調査や経済分析などをした上で銘柄を選定する為、人件費が大きく掛かる

各運用会社が提供するインデックス(パッシブ)運用の投資信託(ファンド)には、下記の様に、インデックスファンドシリーズとしてラインナップされています。

 資産運用会社インデックスファンドシリーズ
国内野村アセットマネジメントFunds-i
大和アセットマネジメントiFree
三菱UFJ国際投信eMAXIS
三井住友トラスト・アセットマネジメントSMT
アセットマネジメントOne
〔株主・議決権保有比率〕
・株式会社みずほフィナンシャルグループ・・・51%
・第一生命ホールディングス株式会社・・・49%
たわらノーロード
りそなアセットマネジメントSmart-i
ニッセイアセットマネジメント<購入・換金手数料なし>ニッセイ
SBIアセットマネジメント
楽天投信投資顧問
海外ブラックロックiShares
バンガード
ステート・ストリートSPDR(スパイダー)
インベスコ

ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)とは、投資信託(ファンド)のひとつです。

名前の由来の通り、投資信託(ファンド)が株式市場に上場しているだけです。

ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)

投資信託(ファンド)の商品には

  • インデックス(パッシブ)運用
  • アクティブ運用

がありましたが、ETFは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動(インデックス運用)する運用成果を目指した商品です。

言い換えれば、ETFは、投資信託(ファンド)のインデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品という事になります。

ETFの売買は、株式の売買と同様に、証券会社を通して行います。

ETFの売買

ETFの専門調査機関ETFGIによると、2020年8月末時点での世界のETF純資産残高は、6.73兆ドル(現在のドル円レートで、約710兆円)もあり、そのETF純資産残高の三分の一以上を占めるのが、運用会社「ブラックロック」です。

ETFの魅力は、

  • 投資信託
  • 株式投資

の両方のメリットを合わせ持っている事です。

投資信託のように少額の投資資金で本格的な分散投資ができ、さらに株式投資のようにリアルタイムな時価で売買できるのです。

 ETF投資信託株式
上場・非上場上場非上場上場
購入可能場所証券会社証券会社・銀行証券会社
購入可能時間証券取引所の取引時間中申込期間中の9時~15時証券取引所の取引時間中
購入可能価格市場価格(時価)基準価額(1日1回算出)市場価格(時価)
注文方法成行・指値注文が可能基準価額がわからない状態での注文成行・指値注文が可能
コスト取得時の費用株式市場で取得する際の証券会社ごとに異なる売買手数料・ファンド
・販売会社 ごとに異なる販売手数料
株式市場で取得する際の証券会社ごとに異なる売買手数料
信託報酬非上場の投資信託に比べ低い一般的にETFより高めなし
売却・解約時の費用市場で売却する際の売買委託手数料など信託財産留保額や換金手数料がかかる場合がある市場で売却する際の売買委託手数料など
分配金・配当分配金は課税対象普通分配金は課税対象配当は課税対象

ETFの仕組み

ETFは金融商品取引所で一般の株式と同様に売買されますが、仕組みが株式とは違い少し複雑です。

ETFの仕組みを

  • 発行市場と流通市場
  • 基準価額と市場価格
  • ETFの残高(純資産額)増減メカニズム

それぞれに分けて説明していきます。

発行市場と流通市場

ETFには

  • 発行市場(プライマリ市場:primary market)
  • 流通市場(セカンダリー市場:secondary market)

の二つの市場があります。

ETFの発行市場と流通市場

発行市場において、ETF運用会社と「指定参加者」の間で

  • ETF(受益権)の設定 → 「指定参加者」が株式・資金を運用会社に拠出。引き換えに、発行されたETF(受益権)を受取る
  • ETF(受益権)の解約(交換) → 指定参加者がETF(受益権)を運用会社に拠出。引き換えに、株式・資金を受取る

「指定参加者」とは、ETFを運用会社との間で

  • 設定
  • 解約(交換)

できる契約関係を持った証券会社です。

運用会社と「指定参加者」間での、ETF(受益権)の設定・解約(交換)により、ETFの発行済受益権口数(資産残高)が増減します。

詳細は、「ETFの残高(純資産額)増減メカニズム」で後述します。

「指定参加者」は、その発行されたETF(受益権)を、流通市場(金融取引所)に放出・回収(売買)しています。

指定参加者の証券会社は、一般の投資家の市場での取引を仲介する証券会社とは異なります。
基準価額と市場価格

ETFに関連する価格には

  • 基準価額・・・ETFの設定・交換の行なわれる発行市場で使用
  • 市場価格・・・投資家が金融商品取引所で取引する値段

があります。

ETFの基準価額と市場価格

個人投資家は、ETFの売買を東証等々の株式市場で行います。

その売買の際に価格は、市場で売り手と買い手の需要と供給が均衡した「市場価格」です。

一方、ETFは投資信託でもあり、非上場の投資信託(ファンド)と同様に「基準価額」もあります。

ETFの「基準価額」は、

  • 一口当たりの純資産価格で計算
  • 指定参加者が運用会社との設定と解約(一部のETFは交換と言います)での使用が算出の目的

という特徴を持っています。

基準価額の算出は、投信信託の保有資産を評価時点の価格で評価し直して、未収入金や費用を勘案して1日に1回算出されます。

ETFの基準価額と市場価格

 発行市場流通市場
(金融商品取引所)
関係する
数値・値段
基準価額:
ETFを設定・交換の際に使われる値段
市場価格:
投資家が市場で取引する値段
指数:
各ETFが連動を目指す数値
指数:
各ETFが連動を目指す数値
関係者運用会社:
指定参加者の拠出した現物株式や資金でETFを設定し、ETFが指数に連動するように運用。
また、指定参加者のETFの現物株式や現金への交換に対応。
指定参加者:
保有するETFを取引所へ放出。また、市場からETFの回収も実行。
証券会社:
投資家からのETFの売買の仲介。
指定参加者:
ETFに必要な現物の株式や資金を運用会社へ拠出しETFを取得。また、ETFを運用会社に渡して、組み入れられた株式や金銭への交換を依頼。
投資家:
証券会社を通じて、市場に流通するETFを売買。
ETFの残高(純資産額)増減メカニズム

ETFの残高(純資産額)増減メカニズムには

  • 運用会社
  • 指定参加者

が密接に関わってきます。

2銘柄の株式で構成される指数に連動するETFがあると仮定します。

  • A株式の株価・・・2,000円
  • B株式の株価・・・1,000円

だとすると、これらの銘柄に連動するETFは、(2,000円 + 1,000円)➗ 2 = 「約」1,500円で取引される必要があります。

ETFの残高(純資産額)増減メカニズム

「約」1,500円の、「約」は、ETFの場合、信託報酬のコストが価格に織り込まれる為です。

信託報酬とは、毎日一定の率でファンドの信託財産から間接的に差し引かれる運営費用のことです。

信託報酬は

  • 運用会社の運用にかかる費用
  • 信託銀行が投資信託の資金を管理する際の費用
  • 販売会社の販売等にかかる費用(ETFには掛からない)

の三種類から構成されています。

しかし、このETFは金融取引所で、投資家の需要と供給のバランスで市場価格が決定されてしまうので、

  • A株式の株価・・・2,000円
  • B株式の株価・・・1,000円

であっても、このETFの市場価格が、

  • 投資家の需要 > 供給 ・・・2,000円
  • 投資家の需要 < 供給 ・・・1,000円

になる可能性もあります。

この場合、この本来のETFの趣旨である「2銘柄の株式で構成される指数に連動するETF」から逸脱してしまい、基準価格と市場価格が乖離してしまいます。

そこで、この投資家の需要と供給のバランスにより発生した市場価格の歪みを是正してくれのが「指定参加者」です。

株式市場でETFの需要が高まり、ETFの市場価格が上昇し、ETFの基準価格から乖離すると、「指定参加者」は、

  1. ETFと連動している指数を構成する取扱銘柄を株式市場より購入
  2. 購入した株式銘柄で運用会社とETFの受益権を設定
  3. ETFを株式市場で売却

というプロセスを実行します。

このプロセスを経る事で、

  • ETFの取扱銘柄の個別株式の株価上昇
  • ETFの市場価格の下落
  • ETF残高の増加

とういう結果になります。

ETFの残高(純資産額)増減メカニズム

一方、株式市場でETFの需要が低くなり、ETFの市場価格が下落し、ETFの基準価格から乖離すると、「指定参加者」は、

  1. ETFを株式市場より購入
  2. 購入したETFで運用会社とETFを構成する個別銘柄と交換
  3. 個別銘柄を株式市場で売却

というプロセスを実行します。

このプロセスを経る事で、

  • ETFの取扱銘柄の個別株式の株価下落
  • ETFの市場価格の上昇
  • ETF残高の減少

とういう結果になります。

ETFの残高(純資産額)増減メカニズム

以上のように、株式とETFは指定参加者の裁定取引の働きによってほぼ同一の価格が保たれています。

ベンチマーク

ベンチマークとは

  • 投資信託(ファンド)のインデックスファンド
  • ETF

が運用の目安としている指数(インデックス)を指します。

  • 投資信託(ファンド)のインデックスファンド
  • ETF

の商品によってベンチマークが違うので、勿論、商品毎の値動きはベンチマークの種類によります。

運用会社がベンチマークとして利用する事が多い日本とアメリカ向けインデックスには、

  • 日経平均株価(日経225)
  • 東証株価指数(TOPIX)
  • ダウ平均(ダウ工業株30種)・・・米国経済を代表する30銘柄で構成
  • S&P500・・・米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NSDAQ等)の米国企業で、流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成
  • CRSP USトータル・マーケット・インデックス・・・全アメリカが投資対象
  • NOMURA-BPI総合

があります。

日本アメリカ
株式・日経平均株価(日経225)
・東証株価指数(TOPIX)
・ダウ平均(ダウ工業株30種)
・S&P500
・CRSP USトータル・マーケット・インデックス
債券NOMURA-BPI総合

CRSP USトータル・マーケット・インデックスに関する詳しい記事はこちら

インデックスファンドはCRSP USトータル・マーケット
インデックスファンドはCRSP USトータル・マーケット投資運用方法には、大きく インデックス(パッシブ)運用 アクティブ運用があります。インデックス(パッシブ)運用とは、運用目標とされるインデックス(日経平...

一方、運用会社がベンチマークとして利用する事が多い有名なグローバル向けインデックスには、

  • MSCI・・・世界・先進国・新興国・発展途上国が投資対象
  • FTSE Russell
  • JPMorgan Government Bond Index

があります。

先進国新興国発展途上国
株式・MSCI World IndexMSCI Emerging MarketsMSCI Frontier Markets Index
債券・FTSE World Government Bond Index
・JPMorgan Government Bond Index (GBI) Global
・JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM)

MSCI指数に関する詳しい記事はこちら

世界株式対象のインデックス投資ならMSCIコクサイ
世界株式対象のインデックス投資ならMSCIコクサイいざ、株式投資を始めようと決心したものは良いものの、どの株式銘柄を購入すれば良いのかは悩みの種です。勿論、自分の好きな会社の株式に投資するのも一つの選択肢です。しかし、一...

FTSE Russell指数に関する詳しい記事はこちら

FTSE指数の代表格・FTSE世界国債インデックスのETF
FTSE指数の代表格・FTSE世界国債インデックスの解説投資業界で人気金融商品の 投資信託(ファンド)のインデックスファンド ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託)投資信託(ファンド)の...

以上、

  • インデックス投資
  • 投資信託(ファンド)とETFの仕組み

の説明になります。

コメント