インデックス投資?インデックスファンドとベンチマーク

インデックス投資?インデックスファンドとベンチマーク




インデックス投資?インデックスファンドとベンチマーク

インデックスとは本来

  1. 索引、見出し
  2. 指数、指標

という意味を持ちます。

金融・投資業界でのインデックスは、二番目の意味に近く、市場の動きを表す指数(=インデックス)という意味になります。

このインデックスの意味の「市場の動きを表す・・・」の「市場」とは

  • 株式市場
  • 債券市場
  • 商品(コモディティ)市場 等々

を指し、有名な指数で言えば、株式市場の

  • 日経平均株価(日経225)
  • 東証株価指数(TOPIX)

が挙げられます。

日経平均株価(日経225)とは、

  • 東京証券取引所第一部に上場する約2000銘柄の株式のうち225銘柄を対象
  • 計算方法は「225銘柄の株価の合計 ÷ 225」が原則

インデックスで日本の株式市場全体の大まかな値動きを把握することができます。

このような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す投資方法をインデックス投資と言います。

インデックス投資は、

  • 分散投資
  • 株価指数(インデックス)連動した運用成果を目指す
  • 銘柄選定等々の時間的コストが掛からない

という特徴を持っている為、投資初心者にとって資産運用がしやすい投資方法です。

インデックス投資と比べられる手法として、「アクティブ投資」がありますが、アクティブ投資は、株価指数と連動した成果を目指すのではなく、成長性が高いと見込まれる銘柄を個別に選んで運用していく為、投資初心者にとって難しい投資方法になります。

インデックス投資とアクティブ投資の違いを、投資信託で考えてみます。

 インデックス運用アクティブ運用
リスク分散(投資)集中(投資)
コスト対象とする株価指数(インデックス )と同じ銘柄を同じ比率で組み入れることが多いため、ファンドマネジャーが銘柄を調査・選定する必要が無く、人件費があまり掛からないファンドマネジャーと呼ばれる投資のプロが企業調査や経済分析などをした上で銘柄を選定する為、人件費が大きく掛かる
投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が

  • 株式
  • 債券
  • 商品(コモディティ)等々

に投資・運用する商品(ファンド)のことを指します。

投資信託では投資家から集めた資金は、

  1. 投資信託販売会社である、証券会社や銀行が運用会社に申込
  2. 運用会社である資産運用会社が管理会社に運用指図
  3. 管理会社である信託銀行が金融市場に投資

という流れになっています。

投資信託の仕組み

 資産運用会社インデックスファンドシリーズ
国内野村アセットマネジメントFunds-i
大和アセットマネジメントiFree
三菱UFJ国際投信eMAXIS
三井住友トラスト・アセットマネジメントSMT
アセットマネジメントOne
〔株主・議決権保有比率〕
・株式会社みずほフィナンシャルグループ・・・51%
・第一生命ホールディングス株式会社・・・49%
たわらノーロード
りそなアセットマネジメントSmart-i
ニッセイアセットマネジメント<購入・換金手数料なし>ニッセイ
SBIアセットマネジメント
楽天投信投資顧問
海外ブラックロックiShares

投資信託の商品(ファンド)には多数のインデックスファンド(商品)がありますが、インデックスファンドの値動きの特徴を知るには、そのファンドの「ベンチマーク」への理解が欠かせません。

ベンチマークとは、もともと測量の際に利用する水準点を示す単語ですが、それが転じて金融・投資業界では、資産運用や株式投資における成果を比較するための基準として用いられるようになりました。

インデックスファンド(商品)で良く利用される国内・海外の株式・債券市場のベンチマークは下記の通りです。

国内海外
先進国新興国発展途上国
株式・日経平均株価(日経225)
・東証株価指数(TOPIX)
・MSCI World Index(23ヶ国、1,601銘柄)
・CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX(全アメリカ、3,495銘柄)
MSCI Emerging Markets(26ヶ国、1,383銘柄)MSCI Frontier Markets Index(28ヶ国、89銘柄)
債券NOMURA-BPI総合・FTSE World Government Bond Index(22ヶ国)
・JPMorgan Government Bond Index (GBI) Global
・JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM)(20ヶ国)

この記事では、資産運用会社がインデックスファンドのベンチマークとして利用する事が多い

  • 海外株式インデックス
  • 海外債券インデックス

それぞれについて詳しく説明していきます。

  1. 海外株式インデックス
    1. MSCI
      1. MSCI・株価指数
        1. MSCI World Index 先進国(23カ国)
          1. MSCI World Index 年間パフォーマンス
          2. MSCI World Index 投資産業比率
          3. MSCI World Index 投資国構成比率
          4. MSCI World Index 投資先企業トップ10
        2. MSCI Emerging Markets 新興国(26カ国)
          1. MSCI Emerging Markets 年間パフォーマンス
          2. MSCI Emerging Markets 投資産業比率
          3. MSCI Emerging Markets 投資国構成比率
          4. MSCI Emerging Markets 投資先企業トップ10
        3. MSCI Frontier Markets Index フロンティア市場(28カ国)
          1. MSCI Frontier Markets Index 年間パフォーマンス
          2. MSCI Frontier Markets Index 投資産業比率
          3. MSCI Frontier Markets Index 投資国構成比率
          4. MSCI Frontier Markets Index 投資先企業トップ10
    2. CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX
      1. CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX・株価指数
        1. CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 年間パフォーマンス
        2. CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 投資産業比率
        3. CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 投資先企業トップ10
  2. 海外債券インデックス
    1. FTSE Russell
      1. FTSE Russell・債券指数
        1. FTSE World Government Bond Index
          1. FTSE World Government Bond Index 年間パフォーマンス
          2. FTSE World Government Bond Index 投資国構成比率
          3. FTSE World Government Bond Index 投資先格付構成比率
    2. JPMorgan Government Bond Index
      1. JPMorgan Government Bond Index・債券指数
        1. JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM)
          1. JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM) 投資国構成比率
          2. JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM) 投資先格付構成比率

海外株式インデックス

海外株式インデックス

資産運用会社がベンチマークとして利用する事が多い国内株式インデックスは、

  • 日経平均株価(日経225)
  • 東証株価指数(TOPIX)

になります。

一方、資産運用会社がベンチマークとして利用する事が多い有名なグローバル株式インデックスには、

  • MSCI・・・世界・先進国・新興国・発展途上国が投資対象
  • CRSP USトータル・マーケット・インデックス・・・全アメリカが投資対象

があります。

MSCI

MSCIは、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出・公表する指数の総称です。

  • 先進国
  • 新興国
  • フロンティア市場(経済発展の初期段階にある途上国)

合わせて約70カ国・地域の株式市場をカバーしています。

MSCIの名称の由来は、

  1. 1965年・・・キャピタル・グループの100%子会社であるキャピタル・インターナショナル社が、スイス・ジュネーヴの支社の協力のもと、Capital International Market Indices(CIMI)の名称で、アメリカ国外の市場を対象とする株価指数の算出を開始
  2. 1985年・・・ジュネーヴの支社は、Capital International Perspective S.A.(CIPSA)として独立、一連の指数の算出にあたる
  3. 1986年・・・モルガン・スタンレーが株価指数算出に関する権利をCIPSAから買収し、指数の名称を「CIMI」から「MSCI」(「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル」)に冠する

MSCI・株価指数

MSCIの投資先構成国分類は、

  • MSCI All Country World Index(49カ国)
    • MSCI World Index ・・・先進国(23カ国)
    • MSCI Emerging Markets・・・ 新興国(26カ国)
  • MSCI Frontier Markets Index・・・フロンティア市場(28カ国)

となっています。

MSCI World Index 先進国(23カ国)
MSCI World Index
先進国( 23カ国 )
アメリカ地域
欧州&中東地域 太平洋地域
米国オーストリアオーストラリア
カナダベルギー香港
デンマーク日本
フィンランドニュージーランド
フランスシンガポール
ドイツ
アイルランド
イスラエル
イタリア
オランダ
ノルウェー
ポルトガル
スペイン
スェーデン
スイス
イギリス

MSCI World Index 先進国(23カ国)の

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資国構成比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

MSCI World Index 年間パフォーマンス
MSCI World Index 投資産業比率
MSCI World Index 投資国構成比率
MSCI World Index 投資先企業トップ10

企業時価総額
( 10億米ドル)
指数構成産業
アップルアメリカ2,258.454.84情報技術
マイクロソフトアメリカ1,629.623.49情報技術
アマゾンドットコムアメリカ1,460.243.13一般消費財
フェイスブック Aアメリカ705.361.51コミュニケーション
アルファベット Cアメリカ501.501.08コミュニケーション
アルファベット Aアメリカ488.691.05コミュニケーション
ジョンソン&ジョンソンアメリカ404.190.87ヘルスケア
テスラアメリカ367.540.79一般消費財
ビザ Aアメリカ361.660.78情報技術
ネスレスイス358.790.77生活必需品
合計8,747.1516.45

CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX)は、米国株式市場の大型株から小型株までを網羅し、投資可能銘柄のほぼ100%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です。

CRSPとは、Center for Research in Security Prices(シカゴ大学証券価格調査センター)の略称で、シカゴ大学ブース・ビジネス・スクールが所有する11の研究センターの一つです。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスの他に、米国株式市場を対象にした株価指数には下記のモノがあります。

指数名インデックス・プロバイダー指標内容
S&P 500(Standard & Poor's 500 Stock Index)S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス米国大型株代表的な500銘柄で構成され、市場時価総額の約80%を網羅
ダウ工業株30種平均・ニューヨーク証券取引所
・NASDAQ
の代表的工業株30銘柄
主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成される株価の単純平均指数
ラッセル3000指数FTSEラッセル米国企業株のうち、時価総額上位3000銘柄・米国企業株のうち、時価総額上位3000銘柄からなる時価総額加重平均型(浮動株調整後)
・指数銘柄は、米国株式市場の時価総額の98%を占める
ウィルシャー5000ウィルシャー・アソシエイツ・ニューヨーク証券取引所
・ナスダック店頭市場
・アメリカン証券取引所
で取引されている全ての米国に本店を置く企業の普通株式
指数銘柄は、米国に本店を置く企業約3,500社から構成

ダウ工業株30種平均の銘柄は下記の通りです。

 企業業種上場市場
1Apple Inc.
アップル
コンピュータNASDAQ
2Amgen Inc.
アムジェン
医薬品NASDAQ
3American Express Co.
アメリカン・エキスプレス
金融ニューヨーク証券取引所
4Boeing Co.
ボーイング
航空機ニューヨーク証券取引所
5Caterpillar Inc.
キャタピラー
重機ニューヨーク証券取引所
6Salesforce.com, Inc.
セールスフォース・ドットコム
ソフトウェアニューヨーク証券取引所
7Cisco Systems, Inc.
シスコシステムズ
情報・通信業NASDAQ
8Chevron Corp.
シェブロン
石油ニューヨーク証券取引所
9The Walt Disney Co.
ウォルト・ディズニー・カンパニー
娯楽・メディアニューヨーク証券取引所
10Dow, Inc.
ダウ
化学ニューヨーク証券取引所
11Goldman Sachs
ゴールドマン・サックス
金融ニューヨーク証券取引所
12The Home Depot Inc.
ホームデポ
小売業ニューヨーク証券取引所
13Honeywell International Inc.
ハネウェル・インターナショナル
機械・精密機器ニューヨーク証券取引所
14International Business Machines Corp.
アイ・ビー・エム
コンピューターニューヨーク証券取引所
15Intel Corp.
インテル
半導体NASDAQ
16Johnson & Johnson Inc.
ジョンソン・エンド・ジョンソン
医薬品ニューヨーク証券取引所
17JPMorgan Chase and Co.
JPモルガン・チェース
金融ニューヨーク証券取引所
18The Coca-Cola Co.
ザ コカ・コーラ カンパニー
飲料ニューヨーク証券取引所
19McDonald's Corp.
マクドナルド
外食ニューヨーク証券取引所
203M Company
スリーエム
化学ニューヨーク証券取引所
21Merck & Co.
メルク
医薬品ニューヨーク証券取引所
22Microsoft Corp.
マイクロソフト
ソフトウェアNASDAQ
23Nike, Inc.
ナイキ
その他製品ニューヨーク証券取引所
24Procter & Gamble Co.
プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)
日用品ニューヨーク証券取引所
25The Travelers Companies,Inc.
トラベラーズ
保険ニューヨーク証券取引所
26UnitedHealth Group Inc.
ユナイテッド・ヘルス
保険ニューヨーク証券取引所
27Visa
ビザ
その他金融ニューヨーク証券取引所
28Verizon Communications Inc.
ベライゾン・コミュニケーションズ
通信ニューヨーク証券取引所
29Walgreens Boots Alliance, Inc.
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
小売業NASDAQ
30Wal-Mart Stores Inc.
ウォルマート・ストアーズ
小売業ニューヨーク証券取引所

CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX・株価指数

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX)の

  • 年間パフォーマンス
  • 投資産業比率
  • 投資先企業トップ10

は下記の通りです。

CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 年間パフォーマンス
CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 投資産業比率
CRSP US TOTAL・MARKET・INDEX 投資先企業トップ10
企業時価総額
( 100万米ドル)
指数構成産業
マイクロソフト1,543,3065.07情報技術
アップル1,423,0494.67情報技術
アマゾンドットコム1,169,6283.84一般消費財
アルファベット829,4092.72情報技術
フェイスブック546,0021.79情報技術
ジョンソン&ジョンソン370,5031.22ヘルスケア
バークシャーハサウェイ337,7071.11金融
ビザ325,9001.07資本財
プロクター&ギャンブル296,0130.97生活必需品
ユナイテッドヘルス・グループ279,7250.92ヘルスケア

海外債券インデックス

海外債券インデックス

資産運用会社がベンチマークとして利用する事が多い国内債券インデックスは、

  • NOMURA-BPI総合

になります。

一方、資産運用会社がベンチマークとして利用する事が多い有名なグローバル債券インデックスには、

  • FTSE Russell
  • JPMorgan Government Bond Index

があります。

FTSE Russell

FTSE Russellは、イギリス・ロンドンに拠点を置き、株価指数(インデックス)の算出・管理や、関連する金融データの提供サービスを行うFTSEインターナショナルという企業のブランドネームです。

FTSEインターナショナルは、元々、フィナンシャル・タイムズ(FT)の親会社であったピアソンに過半数の株式を所有されていたが、2011年12月に売却され、以降はロンドン証券取引所グループ(LSEグループ)の子会社に位置付けられています。

FTSE Russell・債券指数

FTSE Russell・債券指数で多くの資産運用会社がベンチマークとして利用しているのが

  • FTSE World Government Bond Index・・・先進国(22カ国)

になります。

FTSE World Government Bond Index

FTSE World Government Bond Index(FTSE世界国債インデックス)の

  • 年間パフォーマンス
  • 投資国構成比率
  • 投資先格付構成比率

は下記の通りです。

FTSE World Government Bond Index 年間パフォーマンス
FTSE World Government Bond Index 投資国構成比率

EGBI・・・ The FTSE EMU Government Bond Indexの略で、FTSEが世界国債インデックスの構成要件を満たしたヨーロッパの国(オーストリア、ベルギー、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、スペイン)になります。

その他・・・ オーストラリア、カナダ、デンマーク、イスラエル、マレーシア、メキシコ、ノルウェー、ポーランド、シンガポール、スウェーデンの国々になります。

FTSE World Government Bond Index 投資先格付構成比率

投資先格付とは、第三者機関が投資先国債券が投資するのに相応しいかどうかを見極めて評価することを指します。

この場合の第三者機関は、スタンダード&プアーズ「S&P」になります。

投資先国債券がスタンダード&プアーズ「S&P」による格付けが行われていない場合、ムーディーズ「Moody’s」の格付を採用します。

JPMorgan Government Bond Index

JPMorgan Government Bond Index(JPモルガン・国債インデックス)はJ.P.Morgan Securities LLC(J.P.モルガン・セキュリティーズ LLC)が算出し公表している債券指数です。

JPMorgan Government Bond Index・債券指数

JPMorgan Government Bond Index・債券指数で多くの資産運用会社がベンチマークとして利用しているのが

  • JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM)・・・新興国(20ヶ国)

になります。

JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM)

JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets(GBI-EM)(JPモルガンGBI-EM)の

  • 投資国構成比率
  • 投資先格付構成比率

は下記の通りです。

JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM) 投資国構成比率
JPMorgan Government Bond Index-Emerging Markets (GBI-EM) 投資先格付構成比率

以上、資産運用会社がインデックスファンドのベンチマークとして利用する事が多い

  • 海外株式インデックス
  • 海外債券インデックス

それぞれの説明になります。

コメント