独立を二度経験しているバングラデシュ




独立を二度経験しているバングラデシュ

  • バングラデシュの歴史は?
  • バングラデシュと言う国はどのように建国されたの?

という質問に対して簡単に答えます。

国際連合による世界地理区分によると、

  • インド
  • スリランカ
  • ネパール
  • パキスタン
  • バングラデシュ
  • ブータン
  • モルディブ

これらの地域が南アジアと呼ばれる地域になります。

スポンサーリンク

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国

歴史に詳しい方だとご存知かもしれませんが、この南アジアの地域は、1858年 – 1947年までイギリス領インド帝国でした。

イギリス領インド帝国


出典:RedSearch

第二次世界大戦が終結した翌々年の1947815日、インド・パキスタン分離独立によってインド帝国は解体されます。

イギリスから独立したにも関わらず、インド帝国内で分裂した主な原因は何なのか。

決定的な違いは、思想の違いにあります。

現在のインド・パキスタン、それぞれのメインの信仰宗教を見れば分かると思います。

  • インド・・・ヒンドゥー教
  • パキスタン・・・イスラム教

インドの信仰宗教についての記事はこちら

インド共和国の民族・宗教【シク教を中心に説明】
インド共和国の民族・宗教 インド共和国全土 インド民族 僕が実際に生活していた場所の現地の人々を紹介していきます。 インド北東部エリア(メガラヤ州、ミゾラム州) メガラヤ州 ミ...

先ほどから、イギリス・インド・パキスタンの国名は上がって来ていますが、全くバングラデシュの名前が挙がって来ていません。

一体、いつバングラデシュが出てくるのか。

実は、インド・パキスタン分離独立の際に、

  • インド連邦
  • パキスタン

の二国になるのですが、パキスタンの飛地の東パキスタンが、現在のバングラデシュになります。

パキスタンはインドを挟んで

  • 西パキスタン(現在のパキスタン)
  • 東パキスタン(現在のバングラデシュ)

パキスタン


出典:外務省

つまり、この時、バングラデシュはパキスタンの一部(東地方)だったのです。

2度目の独立

2度目の独立

1度目の独立は、インド帝国の解体の主因であるインド・パキスタン分離独立

この分離独立は、宗教的観点が起因していました。

では、バングラデシュ(当時は東パキスタン)がパキスタンから独立した原因は何だったのでしょうか。

ベンガル語・ウルドゥー語

東パキスタンのイスラム教徒は将来に展望が持てるイスラム教国家としてパキスタンを選んだのですが、いざパキスタンが出来上がってみると、それは東パキスタンのイスラム教徒住民の期待を大きく裏切るものでした。

きっかけは、国家語問題であったと言われています。

西パキスタンはアラビア文字を使用するウルドゥー語を国家語にして、国民統合を図ろうとしました。

しかし、東パキスタンの住民は、ヒンドゥーとの関わりの強い文字を用いるベンガル語を母語としていました。

ウルドゥー語の使用を東パキスタンの住民が強制されれば、東パキスタンの立場が著しく不利な立場におかれることになると考え、言語運動と呼ばれる激しい反対運動を起こし、その結果、

  • ウルドゥー語
  • ベンガル語

それぞれが公用語に認定されました。

バングラデシュ独立戦争

しかし、東パキスタン西パキスタンからみれば、イスラム圏の辺境とみなされ、文化的な後進地域の扱いを受けます。

これが経済面にも反映し、パキスタンの主要輸出品であるジュート東パキスタンの特産品ですが、その輸出から得られた外貨は、専ら西パキスタンの開発のために投下されていました。

ジュート畑ジュート

写真左:ジュート畑 写真右:ジュート

このようにして、同国ながらも文化的な後進地域の扱いを受けた東パキスタンは、

  • イスラム信仰ではなく
  • ベンガル語を中核とするナショナリズム

これらを理念とし、シェイク・ムジブル・ラフマン率いる政党(=現・与党アワミ連盟)が、パキスタンからの独立に動き出します。

バングラデシュの議会運営についての記事はこちら

バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】
バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】 前回のバングラデシュ総選挙は、2014年1月5日に実施されました。 この時の選挙戦は与党アワミ連盟(AL)が 憲法を改正 選挙管理内閣制度を廃止 これらの行為に...

シェイク・ムジブル・ラフマン


出典:NHK
  1. 1970年、パキスタン国会総選挙で、人口のうえで過半数を制する東パキスタンの政党アワミ連盟が勝利
  2. パキスタン中央政府は東パキスタン住民の弾圧に乗り出し、東パキスタンの解放勢力はゲリラ戦で対抗
  3. かねてよりパキスタンと対立していたインド政府が1971123日に東パキスタン側に介入(第三次印パ戦争

国力ではインドに対して不利なパキスタン軍が劣勢となり、19711216日に撤退。

東パキスタンバングラデシュとして独立を果たしました。

コメント

  1. […] […]