FIFAのビジネスモデルとワールドカップの収入




FIFAのビジネスモデルとワールドカップの収入

FIFAの収入は

  • 放送権料収入
  • スポンサー契約収入

2トップです。

スポンサーリンク

放送権料収入

放送権料収入

20176月に公表されたFIFAFINACIAL REPORT 2017によると

※グラフのパイをPCだと「クリック」、スマートフォン・タブレットだと「タッチ」すると、詳細がポップアップで表示されます。
※グラフのパイをPCだと「クリック」、スマートフォン・タブレットだと「タッチ」すると、詳細がポップアップで表示されます。

FIFAの収支は、20176月にFIFAの財務資料が公表された為、

  • 20152017年は実績値
  • W杯の開催された2018年は見通し

の数字となります。

スポンサー契約収入

スポンサー契約収入

FIFAの公式スポンサーには、

  • FIFAパートナー(FIFA Partner)・・・
    FIFA公式スポンサー最上位のカテゴリー。

    • ワールドカップ(以下W杯)も含めFIFA主催の全ての試合(会場周辺含む)やイベントでの広告掲出や周辺ビジネス許可
    • FIFAロゴ(オフィシャルマーク)の8年間(2大会分)使用の権利

    が与えられます。

  • ワールドカップスポンサー(WORLDCUP SPONSORS)・・・
    FIFA公式スポンサーの2番目のカテゴリ。
    契約期間中に開催されるW杯と直接関連するスポンサーとしての権利を有し、FIFAロゴ(オフィシャルマーク)の4年間(1大会分)の使用権利が与えられる
  • リージョナルサポーター(Regional Supporters)・・・
    FIFA公式スポンサー最下位のカテゴリ。
    欧州、北米、南米、中東とアフリカ、中東を除いたアジアの5つの地域に分けて、各地域に5社づつ、20枠を設けており、

    • 開催期間中のLED掲示板での広告掲出
    • チケットの優先的配分
    • 所在地域におけるブランド広告権の権利

    が与えられます。

出典::FIFA

FIFA財務収益

FIFA財務収益

STATEMENT OF PROFIT OR LOSSというのは、和訳すると損益計算書

この場合、2015年から2018年にかけて、FIFAが得た収入(REVENUE)からFIFAが投資や費用として掛かった金額(INVESTMENT/EXPENSES)を差し引いて、どの位儲けたか(PROFIT)を成績表にしてみました。という資料です。

この資料によると

  • FIFAが得た収入(REVENUE)・・・56億5,600万ドル(6,220億円)
  • FIFAが掛けた費用(INVESTMENT/EXPENSES)・・・55億5,600万ドル(6,110億円)
  • FIFAの利益・・・100万ドル(110億円)

REVENUE SPLITは収入内訳で、金額の単位は「100万ドル」です。

EXPENSESは費用で、金額の単位は「100万ドル」です。

上記のグラフは、収入が2015年から2018年の期間のものに対して費用が2017年単年のものとなっております。
(20152018年の期間のもを並列したかったのですがみつかりませんでした。)

FIFAの主な役割は、W杯の開催です。
この4年に1回のW杯の開催で、裏では何千億円というお金が動いています。

如何にW杯が凄い大会かということを、選手のプレーの質だけでなく、お金の面からも感じさせてくれます。

コメント