Mac Book Airのバッテリー交換の手順

Mac Book Airのバッテリー交換の手順




Mac Book Airのバッテリー交換の手順

Mac Book Airも機械ですので動力源である電気が枯渇すると作動しなくなります。

Mac Book Airへの電気供給の役割を果たしているバッテリーにも寿命があり、寿命が来るとMac Book Airへの電気供給は止まってしまいます。

バッテリーの寿命を迎えたら、新しいバッテリーに交換する必要があります。

この記事では、Mac Book Airの

  • バッテリー交換時期
  • バッテリー交換手順

について説明していきます。

この記事で扱うMac Book Airは、

  • 11-inch
  • Mid 2013年
  • 機種 ID:Mac Book Air 6.1

のモデルになります。

Mac Book Air(11-inch Mid 2013)

保有するMac Book Airのモデルが分からない方はこちらから確認して下さい

MacBook Air のモデルを識別する
以下の情報を参考にして、お使いの MacBook Air のモデルを確認してください。MacBook Air の歴史の中でどこに該当するモデルかもわかります。

バッテリー交換時期

Mac Book Airのバッテリー交換時期

消耗品には寿命があり、Mac Book Airのバッテリーも例外ではありません。

つまり、Mac Book Airのバッテリーも所定の充放電回数までしか充電できません。

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数上限

Mac Book Air(11-inch Mid 2013)モデルの場合、充放電回数の上限は1,000回になります。

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数の上限

保有するMac Book Airのバッテリー充放電回数の上限を確認する記事はこちら

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる
Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数の調べ方を説明します。

Mac Book Airのバッテリーの現在の充放電回数

保有するMac Book Airの充放電回数の上限は分かりました。

次に、保有するMac Book Airの現在の充放電回数を知る必要があります。

筆者の場合、バッテリー交換後、18回充放電した事になります。
(Mac Book Airの言語設定を英語にしているため、情報表記が英語になっています)

Mac Book Airのバッテリーの充放電回数

保有するMac Book Airの現在のバッテリー充放電回数を確認する記事はこちら

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる
Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数の調べ方を説明します。

バッテリー交換手順

Mac Book Airのバッテリー交換手順

自身でMac Book Airのバッテリーを交換をする際、注意しておかなくてはいけないことがあります。

それは一度、自身でMac Book Airを修理することで、自身で修理したMac Book Airに関しては、Appleからの保証対象外になってしまう事です。

Mac Book Airのバッテリー交換の方法は

  • Appleに郵送・持込
  • 自身でバッテリーを調達・交換

の2通り存在します。

 Appleに郵送・持込自身でバッテリーを調達・交換
費用12,800 円 + 消費税バッテリー本体の費用のみ(5,000 ~ 6,000 円)
バッテリー本体正規品互換品
保証Apple 保証自己責任(自己修理製品に関しては 今後、Apple 保証対象外)
修理の手間Appleへの郵送・持込素人でも30分あれば修理可能

Mac Bookの修理・Appleへの修理依頼費用に関する記事はこちら

Mac book airの修理【故障時の対処法】
Mac bookのハードウェアが故障したときにどのように対応すべきかご存知ですか。Mac bookのハードウェアが故障して、いきなり外部に修理依頼を頼む前に自分で直せないか試してみましょう。Mac bookのハードウェアが故障してしまい悩んでいる方、是非ご覧下さい。

自身でのバッテリー交換

自身でのバッテリー交換をする為に、Mac Book Airの互換品バッテリーを調達する必要があります。

互換品だから正規品と比べて性能が劣るのではないかと思われる方がいらっしゃると思いますが、Appleの保証が受けれなくなる位で、性能の差は全然ありません。

それでも気になる方は、調達する互換品のレビューをしっかりチェックする事をお勧めします。

早速、調達するMac Book Airの互換品バッテリーを紹介します。

筆者は、SLODAの製品を購入しました。

SLODA

SLODA

バッテリー本体に加えて、交換用ドライバーが付いてきます。

SLODA

メーカー違いだと、Ansanor製品があります。

Ansanor製品の場合、バッテリー本体に加えて

  • 交換用ドライバー
  • キーボードカバー

が付いてきます。

実際にMac Book Airのバッテリーを交換していきます。

素人でも30分あれば余裕で出来ます。

手順としては

  • 裏蓋のネジを外す
  • バッテリーの取り外し
  • 新しいバッテリーの取り付け
  • 裏蓋のネジを付ける

となります。

全体を通しての「Mac Book Airのバッテリー交換」動画もあります。

MacBook Airのバッテリーを自分で交換する方法!

裏蓋のネジを外す

先ずはMac Book Airの背面のネジを外します。

本体を裏返して、交換用ドライバーを使い、画像の赤枠箇所のネジを外します。

Mac Book Airのバッテリー交換

バッテリーの取り外し

次に、バッテリーを本体から外します。

バッテリーを外す為に、

  1. 赤枠の5箇所のネジを外します(ネジを外してもバッテリーと本体のコネクタは繋がっています)
  2. 本体とバッテリーが繋がっている青枠のコネクタを外します

Mac Book Airのバッテリー交換

新しいバッテリーの取り付け

  1. 新しく調達したバッテリーを取り出し
  2. コネクタをはめて
  3. 開封時の逆の手順でネジを止めて

バッテリー交換の終了です。

Mac Book Airのバッテリー交換

以上、Mac Book Airの

  • バッテリー交換時期
  • バッテリー交換手順

についての説明になります。

コメント