バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】




この記事は約 4分43秒で読み終わります

バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】

前回のバングラデシュ総選挙は、201415日に実施されました。

この時の選挙戦は与党アワミ連盟(AL)

  • 憲法を改正
  • 選挙管理内閣制度を廃止

これらの行為に対し最大野党のバングラデシュ民族主義党(BNP)など野党陣営は猛反発し、総選挙をボイコットしました

激しい野党の抗議行動の中、総選挙は実施され、アワミ連盟(AL)の圧勝に終わります。

そして、20191230日、連続3期目を狙うアワミ連盟(AL)に対し、前回をボイコットした野党はバングラデシュ民族主義党(BNP)を中心に連合を組みました。

2018年の総選挙では

  • 経済発展を強調する与党
  • 強権姿勢を批判し政権交代を目指す野党

が注目されていました。

しかし、今回の総選挙の前に、野党バングラデシュ民族主義党(BNP)指導者の

  • カレダ・ジア元首相=汚職罪で禁錮判決=
  • カレダ・ジア元首相の息子

それぞれ、有罪判決を受け選挙は不参加。

更には、選挙戦期間中に野党支持者らの逮捕が相次ぎ、野党連合によると「過去1カ月半で15千人以上の野党候補・支持者らが不当に逮捕された」と主張。

投票日前から与党アワミ連盟(AL)の優位が予想されていました。

投票当日、政府は治安部隊60万人超を動員し厳戒態勢を敷きましたが、各地で支持者の衝突があり、地元メディアは少なくとも17人が死亡したと報道しています。

2018年のバングラデシュ総選挙の結果と合わせて、バングラデシュの

  • 議会体制
  • 選挙制度
  • 政治の歴史

について見ていきます。

スポンサーリンク

議会体制

議会体制

一院制を採用しています。

日本は、

  • 衆議院
  • 参議院

二院制を採用しています。

主要政党

20181230日、総選挙後の議席数です。

総選挙の結果は、与党連合が288議席を獲得し圧勝しました。

バングラデシュの主要政党(定数:300 人)

党派 議席数
アワミ連盟(最大与党) 259 議席
国民党(エルシャド派)(与党) 20 議席
労働党(与党) 3 議席
バングラデシュ民族主義党(BNP)(最大野党) 6 議席

アワミ連盟

シェイク・ハシナ


アワミ連盟党首のシェイク・ハシナ
出典:2A Media Limited.

政策は中道左派的で、また親インド的といわれています。

中道左派・・・穏健な左派の事を指します。

一般的に中道左派は国家共同体による

  • 富の再分配
  • 福祉・社会保障

を積極肯定する勢力とされています。

左派・・・組織内、特に政党内で革新的・急進的な一派を指します。

アワミ連盟

党首 シェイク・ハシナ
政治的思想 ・民族主義
・政教分離主義
・民主主義
政治的立場 中道左派

バングラデシュ民族主義党(BNP)

カレダ・ジア


バングラデシュ民族主義党(BNP)議長のカレダ・ジア
出典:News Time – ニュースの時間

Bangladesh Nationalist Party、略称:BNPは、バングラデシュの民族主義右派の主要政党の一つです。

民族主義・・・異なる自他の民族間で政治・経済・文化などの分野について、みずからの民族を主体と考える思想や運動

右派・・・政治において「特権階級による特権の維持を目指すための社会制度を支持する層」を指します

  • 軍人
  • 旧ムスリム連盟系政治家
  • 軍政支持に偏向したアワミ連盟
  • 左派政党の一部指導者

が集まった官製政党です。

バングラデシュ民族主義党(BNP)

議長 カレダ・ジア
政治的思想 ・民族主義
・民主主義
・穏健な改革
政治的立場 中道右派

選挙制度

選挙制度

選挙制度(定数 350 人)

単純小選挙区制 300
女性議員。単純小選挙区制における政党ごとの得票率に応じ、政党単位で議席配分 50
  • 任期・・・5
  • 解散・・・あり

バングラデシュ政治の歴史

バングラデシュ政治の歴史

1991年

民主化後、初の総選挙で、ジアウル・ラーマンの妻、カレダ・ジア率いるバングラデシュ民族主義党(BNP)が勝利し、カレダ・ジアが首相に就任します。

1996年

総選挙ではアワミ連盟(AL)が勝利し、党首シェイク・ハシナが首相に就任します。

2001年

総選挙では、

  • 経済建設を重視
  • 穏健な改革を訴え

再びバングラデシュ民族主義党(BNP)が政権を取ります。

アワミ連盟(AL)バングラデシュ民族主義党(BNP)の両政党による二大政党化が進んでおり、両党の得票率の合計は

  • 1991年・・・60.89
  • 2001年・・・81.10

にまで増加しました。

2008年

今度はアワミ連盟(AL)が再び政権を奪取します。

選出対象の299議席中、

  • シェイフ・ハシナ元首相の率いるアワミ連盟(AL)・・・230議席(得票率48.06%)を獲得
  • 前与党のバングラデシュ民族主義党(BNP)を中心とする4党連合は32議席に激減

投票率は、87%という高さでした。

2014年

記事冒頭にも書いたように、与党アワミ連盟(AL)

  • 憲法を改正
  • 選挙管理内閣制度を廃止

に反発し、最大野党のバングラデシュ民族主義党(BNP)など野党陣営が総選挙をボイコットしたものの、総選挙は実施され、アワミ連盟(AL)の圧勝に終わりました。

2018年

アワミ連盟(AL)が三期連続の勝利。

コメント

  1. […] バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】バングラデシュの総選挙【2018年1… […]

  2. […] バングラデシュの総選挙【2018年12月30日】バングラデシュの総選挙【2018年1… […]