ブログ収益化の仕組みとブログ初心者おすすめ収益化方法




ブログ収益化の仕組みとブログ初心者おすすめ収益化方法

皆さんの周りにWebサイト・ブログを運営して稼いでいる方はいませんか。

どのようにして、Webサイト・ブログ運営で収益を確保出来るのかご存知ですか。

また、これからWebサイト・ブログを運営して収益化を図ろうと考えている方。

収益を確保する為にはどのような方法があるのかご存知ですか。

この記事では、

  • ブログで稼ぐ仕組み
  • ブログのお勧めの収益化方法

それぞれに分けて説明しています。

ブログ運営で一番難しいのは、「ブログ運営を続ける為のモチベーション維持」です。

初心者の方がブログを始めて直ぐに収益を確保出来る訳ではありません。

時間を掛けて

  • 記事数を増やす
  • PV(Page View:記事の閲覧数)を増やす

これらのプロセスを経る事が収益確保の近道です。

ブログの収益を確保にするためには「急がば回れ」が必要です。

また、ブログ運営の収益確保の仕組みを理解する事で、物事を体系的に理解出来るので、

  • この記事以外のブログ運営による収益化のアイデアが思い付く
  • 別のビジネスモデルで応用する 等々

のメリットもあります。

ブログで収益確保する為には長い目で根気よく記事を書いていきましょう。

ブログで稼ぐ仕組み

ブログで稼ぐ仕組み

ブログで収益を確保するという事は、誰かがあなたの作成するWebサイト・ブログの記事に魅力を感じ、その魅力に対して金銭等々の対価を払うという事になります。

その魅力というのは

  • 記事の文章能力
  • PV数
  • 作成者自身のキャラクター 等々

にあたります。

Webサイト・ブログに魅力さえあれば、誰かが報酬という対価を支払ってくれます。

では、誰かとは一体、誰なのでしょうか。

ブログで稼ぐ仕組み

ここでは

  • アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)(以下、ASP
  • 企業・個人

がWebサイト・ブログに対して報酬という対価を支払う場合を説明します。

ASP

ASPとは、

  • 広告主(企業)・・・報酬を支払う
  • Webサイト・ブログ運営者・・・報酬を受取る

両者の間に立ち、広告サービスの仲介事業を行なっている業者です。

ASP

企業は自社の売上・地名度を上げる為に宣伝・広告を行います。

宣伝・広告の方法には

  • 展示会への出展
  • メディアへの広告依頼
    • テレビCM
    • 新聞・雑誌
    • Youtube 等々

色々あります。

このメディアへの広告依頼の一つが、ASPへの広告依頼になります。

Webサイト・ブログもメディアですので、企業も魅力的なWebサイト・ブログには自社の宣伝・広告のために広告依頼を出したいのです。

しかし、一つ一つのWebサイト・ブログを企業がチェックしていてはキリがありません。

そこで、企業の代わりにASPが企業の広告を貼付したいと考えているWebサイト・ブログをチェックするのです。

ASPの広告サービスには

  • クリック型報酬
  • 成果報酬型

があります。

クリック型報酬

クリック型報酬

クリック型報酬とは、ユーザーがWebサイト・ブログに貼付してあるアフィリエイト広告をクリックする事で収益が発生する仕組みの広告サービスになります。

クリック型報酬ではグーグル・アドセンスが特に有名で、アフィリエイトを行うほとんどの方がWebサイト・ブログに配置していると思います。

このグーグル・アドセンスのアフィリエイト広告をWebサイト・ブログに配置する為には、グーグルの登録審査に合格する必要があります。

ブログで稼ぐ仕組み・クリック型報酬

グーグル・アドセンスの特徴は

  • 他のクリック型報酬の広告配信業者と比べて、1回のクリックで発生する報酬額が遥かに高いこと
  • 運営業者がグーグルなので信頼できる

という点になります。

グーグル・アドセンスの報酬額は

  • 1クリックで平均30円程の収益
  • 平均CTRは0.1% ~ 1%(1,000人に1人 ~ 100人に1人がアフィリエイト広告をクリック)
  • 1アクセス毎の期待値は0.03円(30円 × 0.1% = 0.03)
CTR・・・Click Through Rateの略。【クリック数 ÷ 表示された回数(インプレッション数)】
表示回数に対して何回広告がクリックされたかを表す指標。
グーグル・アドセンス報酬額の期待値平均CTR 0.1 % 平均CTR 1.0 %
10,000 インプレッション300円3,000円
100,000 インプレッション3,000円30,000円
1,000,000 インプレッション30,000円300,000円

グーグル・アドセンスに関する記事はこちら

グーグルアドセンス審査に落ちた方向けの審査登録攻略法
グーグルアドセンス審査に落ちた方向けの審査登録攻略法 Webサイト・ブログ運営で収益を生み出す方法はいくつかありますが、今回はその中でも有名なグーグルアドセンス(Google Adsense)(以下、グーグルアドセンス)についての記事にな...

成果報酬型



成果報酬型とは、

  1. ASPが運営しているアフィリエイト広告サービスに会員登録
  2. Webサイト・ブログに広告主のアフィリエイト広告リンクを貼付、商品・サービスを紹介
  3. ユーザーがWebサイト・ブログのアフィリエイト広告リンクを経由して商品・サービスを購入

これらのプロセスを経て、ASPから成功報酬を得ることが出来ます。

ブログで稼ぐ仕組み・成果報酬型

ASPから成功報酬を得るため、Webサイト・ブログ上でユーザーに商品・サービスを魅力的に思わせるコンテンツ作りが重要となります。

コンテンツ作りは大変な作業ですが、1件の報酬単価が数千円 ~ 数万円とクリック型報酬よりも高く設定されています。

Amazonや楽天等ネットショッピングの物販系アフィリエイトもあります。

ネットショッピングを利用するユーザーを狙って商品紹介やレビューなどの記事を作成し、アフィリエイト広告リンクから商品が売れると、ユーザーの購入した商品の1% ~ 5%の成功報酬が得られるという仕組みです。

物販・金融・転職系アフィリエイト取扱いのお勧めASPに関する記事はこちら

アフィリエイトを始める方が登録すべきおすすめASP
アフィリエイトを始める方が登録すべきおすすめASP アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)(以下、ASP)とは、 広告主(企業)・・・自社の製品・サービスを消費者や企業に宣伝・広告したい アフィリエイター・・・広告主(...

企業・個人

  • Webサイト・ブログの運営者が著名人なのでスポンサーになる
  • Webサイト・ブログの運営者の知り合いや友達なので個人スポンサーになる
  • Webサイト・ブログ運営者自ら営業して企業・個人にスポンサーになってもらう
  • Webサイト・ブログ運営者自らスポンサーを募集する 等々

これらの理由でWebサイト・ブログに対して企業・個人が報酬を支払います。

ブログで稼ぐ仕組み・企業・個人

アフィリエイト広告の場合、ASPが報酬単価を決定していますが、企業・個人が直接Webサイト・ブログ運営者に報酬を支払う場合は、運営者自身が

  • 契約期間
  • Webサイト・ブログ上の広告サイズ
  • 広告掲載料 等々

を決定・提案出来るのがメリットです。

しかし、皆さんもお気付きのように、企業・個人が報酬を支払うほど魅力的なWebサイト・ブログでなければ、スポンサーになってはもらえません。

ブログのお勧めの収益化方法

ブログのお勧めの収益化方法

ブログ初心者でブログを利用して

  • 収益確保を考えている方
  • 収益がなかなか伸びない方

に対してのお勧めの収益化方法は、成果報酬型のASPに会員登録する事です。

なぜかというと、ブログ初心者の収益確保は著名人でない限りほぼ不可能だからです。

では、どのようにして収益確保をするのかというと、

  1. ASPに会員登録
  2. ASPの保有している企業広告案件を物色
  3. 自分の知識・経験を活かせる得意な分野とASPの企業広告案件を照合
  4. 自分が作成予定の記事分野の他人が作成した記事を参考にする
  5. オリジナルの魅力的なWebサイト・ブログを作成

この手順を辿る事です。

自分の知識・経験を活かせる得意な分野が無くても、自分が好きな分野でも構いません。

Webサイト・ブログを書くのが苦になってしまうと記事数も増えませんし、魅力的なコンテンツを作成出来なくなり、Webサイト・ブログ作成を志半ばで辞めてしまいます。

ASPの保有している企業広告案件を物色しながら、Webサイト・ブログのコンテンツを決め、楽しみながら粛々と記事を作成する事が収益確保への近道になります。

ブログ初心者にお勧めなASPA8.net(エーハチネット)です。

A8.net(エーハチネット)

  • 特徴
  • 会員登録手順

に興味のある方は下記の記事をご覧下さい。

アフィリエイトを始めるならa8ネットに登録しよう
アフィリエイトを始めるならa8ネットに登録しよう アフィリエイトはあなたが運営するWebサイト・ブログから収益確保するための代表的な手段の一つです。 アフィリエイトを始める為には、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)(以下...

コメント