DMMビットコインの入金・出金手数料と会員登録手順

DMM・ビットコイン




DMMビットコインの入金・出金手数料と会員登録手順

DMMビットコインは、

  • 2016年11月に設立
  • 株式会社DMM FX ホールディングスの子会社であるDMMビットコインが運営

の販売所・取引所です。

取引所・販売所DMMビットコイン
運営会社株式会社DMM Bitcoin
設立日2016年11月7日
資本金16億2,000万円
主要株主株式会社DMM FX ホールディングス 100 %
業務内容仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
登録番号・仮想通貨交換業【関東財務局長 第00010号】
加入協会 ・(社)日本仮想通貨事業者協会

この記事では、DMMビットコインの

  • 概要
  • 会員登録手順

それぞれについて説明していきます。

DMMビットコインの概要

DMMビットコイン取引所の概要

DMMビットコインの概要を

  1. 取扱い通貨
  2. 手数料
  3. セキュリティ対策

それぞれについて説明します。

DMMビットコイン・取扱い通貨

DMMビットコインでは、11種類の暗号資産を取り扱っています。

BTCBTCビットコイン
ETHETHイーサリアム
XRPXRPリップル
BATBATベーシック アテンション トークン
QTUMQTUMクアンタム
XLMXLMステラルーメン
MONAMONAモナコイン
XEMXEMネム
LTCLTCライトコイン
ETCETCイーサリアムクラシック
BCCBCHビットコインキャッシュ

DMMビットコイン・手数料

DMMビットコインで暗号資産取引をする際に掛かる手数料には

  • 日本円の入出金手数料
  • 暗号資産の預入・払出手数料
  • 売買手数料

があります。

暗号資産取引に掛かる手数料に関する記事はこちら

ビットコインに掛かる手数料の種類と手数料の比較
ビットコインに掛かる手数料の種類と手数料の比較 ビットコインでは 個人間での送金 取引所・販売所を利用した購入・売却 どの取引を選択してもを手数料が掛かります。 個人間でのビットコインの送金手数料は、新しいブロック...

DMMビットコインでの

  • 日本円の入出金手数料
  • 暗号資産の預入・払出手数料
    • 現物取引
    • レバレッジ取引

    の売買手数料

は以下の通りです。

 現物取引レバレッジ取引
円貨の入出金振込入金手数料:無料(銀行手数料はユーザ負担)
クイック入金手数料:無料
出金時:無料
仮想通貨の預入・払出預入時の手数料:無料(マイナーへの手数料はユーザ負担)
払出時の手数料:無料
取引手数料無料無料
レバレッジ手数料-建玉金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
(レバレッジ手数料の計算例)

  • ビットコイン/日本円が1,000,000円
  • 数量0.01BTCの新規注文が約定
  • 翌日まで建玉を持ち越した場合(前日終値の仲値を1,001,000円とする)

前日終値の仲値 × 数量 × 0.04%
1,001,000円 × 0.01BTC × 0.04% = 5円

※小数点以下は各銘柄ごとに設定された単位で切り上げを実施します。

DMMビットコイン・セキュリティ対策

DMMビットコインのセキュリティ対策について

  • 二段階認証
  • コールドウォレット
  • SSL
  • 分別管理
  • 社内セキュリティ

それぞれ説明していきます。

二段階認証

DMMビットコイン・二段階認証

DMMビットコインでは、不正ログイン防止策として

  1. WAFを導入し、ログイン情報を監視し、不正疑いのあるログインを制限
  2. ユーザーが出庫申請する際の二段階認証設定を必須
  3. 二段階認証に生体認証を導入し、ユーザーに推奨

を行なっています。

DMMビットコイン・二段階認証

WAFとはWeb Application Firewall(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)の略で、Webアプリケーションへの通信内容を検査し、不正が疑われる通信を遮断し保護するツールです。

コールドウォレット

DMMビットコイン・コールドウォレット

DMMビットコインでは、ユーザー資産専用のコールドウォレットを保有しています。

ユーザー資産の95%以上をコールドウォレットに保管、毎営業日ごとにユーザー資産を確認し、コールドウォレットの運用を行っています。

ホットウォレットにて保管するユーザー資産の暗号資産は、法令に基づき同種・同量の暗号資産をDMMビットコインの自己暗号資産としてコールドウォレットにて履行保証暗号資産を保有しています。

このため、ホットウォレット保管部分の暗号資産が滅失するような場合があっても、DMMビットコインの自己資産である履行保証暗号資産をもって充当することが可能になります。

暗号資産取引のウォレットに関する記事はこちら

ビットコインウォレットの仕組みとウォレットの種類
ビットコインウォレットの仕組みとウォレットの種類 ビットコイン取引を 個人同士 取引所・販売所 を通して行う場合、ウォレット(Wallet:財布)が必要になります。 ウォレットと聞くと、 紙幣 硬貨 ...

SSL

DMMビットコインのSSL証明書は

  • 認証局・・・グローバルサイン
  • 認証レベル・・・EV(Extended Validation)認証
  • ハッシュ関数・・・SHA-256

という内容になっています。

DMMビットコイン・SSL

SSL証明書に関する記事はこちら

SSL証明書とは?SSL証明書の確認・発行の仕組み
SSL証明書とは?SSL証明書の確認・発行の仕組み ユーザはインターネットを利用した情報(データ)検索を行う際には、 Google Chrome Safari Internet Explorer 等々 のWebブラウ...

ハッシュ関数に関する記事はこちら

ハッシュ関数とは?ハッシュ関数のアルゴリズムと種類
ハッシュ関数とは?ハッシュ関数のアルゴリズムと種類 ブロックチェーン技術・仮想通貨の盛り上がりに乗じて、注目を浴びているハッシュ関数。 ハッシュ(hash)は英単語ですが、 ハッシュド・ポテト(hashed potato) ...

SSL通信に関する記事はこちら

SSL通信とは?SSL通信の仕組みを分かりやすく説明する
SSL通信とは?SSL通信の仕組みを分かりやすく説明する 総務省「2018年通信利用動向調査」によるインターネットの利用目的毎の利用率は メール利用・・・80.2% SNS利用・・・54.7% 商品・サービスの購入・・・4...

分別管理

DMMビットコインにおける取引は、法令に基づき、ユーザーから預託された金銭は『日証金信託銀行株式会社』へ信託保全を行う事で、DMMビットコインの財産とは区分して管理しています。

DMMビットコイン・分別管理

信託保全されたユーザーの金銭は、万が一DMMビットコインが破綻した場合も保全されます。

また、信託先銀行が破綻した場合も信託法により信託先銀行固有の財産から切り離して取扱われるため、信託財産として保全されます。

DMMビットコイン・分別管理

社内セキュリティ

DMMビットコイン・社内セキュリティ

DMMビットコインの社内セキュリティ対策では

  1. ファイアウォールによって外部からの不正なアクセスを社内ネットワークに侵入させない
  2. 通信だけでなく社内端末の動きを24時間365日体制で監視

を行なっています。

DMMビットコイン・会員登録手順

DMMビットコイン・会員登録手順

DMMビットコインの会員登録手順は

  1. メールアドレス登録
  2. パスワード設定

という手順を踏みます。

メールアドレス登録

DMMビットコイン・メールアドレス登録

DMMビットコイン・メールアドレス登録

DMMビットコイン・メールアドレス登録

パスワード設定

DMMビットコイン・パスワード設定

DMMビットコイン・パスワード設定

以上、DMMビットコインの会員登録手順となります。

コメント