ビットコインウォレットの仕組みとウォレットの種類

ビットコインウォレットの仕組みとウォレットの種類




ビットコインウォレットの仕組みとウォレットの種類

ビットコイン取引を

  • 個人同士
  • 取引所・販売所

を通して行う場合、ウォレット(Wallet:財布)が必要になります。

ウォレットと聞くと、

  • 紙幣
  • 硬貨

が入っている物理的な財布が思い浮かぶかと思いますが、ビットコイン取引で使われるウォレットは、

  • 紙幣
  • 硬貨

の残高がある物理的な財布とは仕組みが全く異なっています。

この記事では、ビットコイン取引で使われるウォレットの

  • 仕組み
  • 種類

それぞれについて説明していきます。

ウォレットの仕組み

ウォレットの仕組み

ブロックチェーン技術を応用したビットコインは、

  • 日本円
  • アメリカ・ドル
  • ユーロ 等々

これら法定通貨と同様の通貨です。

法定通貨は、

  • 銀行預金通帳で預金残高を確認
  • 財布の中の現金を数える 等々

の方法で残高を把握出来ます。

一方、ビットコインはウォレットを利用する事でビットコイン残高を把握する事が出来ます。

ウォレットの中身は

  • 公開鍵
  • 秘密鍵
  • ビットコインアドレス

から成り立っています。

 法定通貨利用ビットコイン利用
通貨の物理的存在・紙幣
・硬貨
なし
残高確認方法・銀行預金通帳を利用
・財布の中の現金を数える 等々
ウォレットを利用
ウォレット(財布)の中身・紙幣
・硬貨
・クレジットカード
・キャッシュカード 等々
・公開鍵
・秘密鍵
・ビットコインアドレス
  • 公開鍵
  • 秘密鍵

は公開鍵暗号方式という暗号技術によって生成されたもので、

  • 公開鍵・・・暗号文を復号
    • 秘密鍵でしか開錠出来ない錠みたいなもの
    • 秘密鍵により複数作成可能
  • 秘密鍵・・・平文を暗号化
    • 公開鍵を作成出来る鍵みたいなもの
    • 公開鍵を開錠出来る唯一の手段

という特徴をそれぞれ持っています。

これら「鍵」は、暗号化・復号化する為の手段であり、インターネット上で、実際に物理的(有形)な「鍵」が存在するわけではありません。

実際の「鍵」の正体は、「鍵」のような役割を果たす無形資産(データ)です。

暗号化・・・第三者が通信文を見ても特別な知識なしでは読めないように変換するセキュア通信の手法

復号化・・・デジタルデータを特定の方法で、元の通信文・データに戻す変換を加えること

暗号化・復号化

公開鍵暗号方式に関する記事はこちら

【図解】共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組み・特徴
共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組みと特徴について御存知ですか。この記事では、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組みと特徴について説明しています。共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組みと特徴を知る事でインターネットのセキュリティについての基礎知識を得ましょう。

一方、ビットコインアドレスは公開鍵から派生して生成されるモノになります。

ビットコインアドレスを生成するまでの大まかな流れは、

  1. 暗号的乱数器を利用し秘密鍵を生成
  2. 秘密鍵から楕円曲線暗号を利用して公開鍵を生成
  3. 公開鍵を二重ハッシュ化
  4. Base58エンコードという仕組みを使用してビットコインアドレスを生成

となります。

秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレス

ビットコインアドレスの作り方に関する記事はこちら

ビットコインアドレスの作り方を図解で説明してみる
ビットコインアドレスはどのように作るかご存知ですか。この記事では、ビットコインアドレスの作り方の手順を、秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスのそれぞれの役割の説明を図解を交えながら説明しています。秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスの作り方の手順に興味のある方は是非御覧下さい。
  • 公開鍵
  • 秘密鍵
  • ビットコインアドレス

それぞれの役割を銀行取引に例えると、

  • 公開鍵・・・通帳
  • 秘密鍵・・・暗証番号
  • ビットコインアドレス・・・口座番号

になります。

秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスの関係

ビットコイン取引ではウォレットを利用して、どのようにビットコインの

  • 残高
  • 取引履歴

を把握しているのでしょうか。

UTXO

UTXOとは、Unspent Transaction Output」の略で、邦訳すると「未使用取引アウトプット」と呼ばれています。

UTXOという仕組みによって、ビットコインの

  • 残高
  • 取引履歴

が管理されています。

ビットコインを使用した取引(トランザクション)では

  • Transaction Input(トランザクション・インプット)
  • Transaction Output(トランザクション・アウトプット)

から成立しています。

UTXO

UTXOは、ビットコイン取引(トランザクション)の中で使用されなかった(未使用:Unspent)・Transaction Output(取引アウトプット)の事を指します。

UTXOをイメージしやすくする為に、

  • 法定通貨を利用した取引
  • ビットコインを利用した取引

を比較してみます。

法定通貨を利用した取引

法定通貨を利用した取引を見てます。

AさんはBさんから3,000円の商品を購入したとします。

3,000円の商品購入の為に、10,000円を現金で支払いました。

法定通貨を使用した取引

BさんはAさんから10,000円を現金で受け取ったので、7,000円をお釣りとして渡しました。

法定通貨を使用した取引

この取引によって

  • Aさん・・・10,000円を現金で支払い、7,000円を受取る → 残高 ー3,000円
  • Bさん・・・10,000円を現金で受取り、7,000円を返金 → 残高 +3,000円

Aさん、Bさんのそれぞれの財布の中身には、物理的な残高が残っています。

ビットコインを利用した取引

ビットコインを利用した取引を見てみます。

Transaction Input(トランザクション・インプット)の5BTCを所持しているAさんは、Bさんから3BTCの商品を購入するとします。

ビットコインを使用した取引

この商品購入に際して、一般的に考えられる支払い方法は

  • 3BTCを送金
  • 4BTCを送金して1BTCのお釣りをBさんから返金
  • 5BTCを送金して2BTCのお釣りをBさんから返金

これらの方法が考えられますが、実際のビットコイン取引では、5BTC(Transaction Input(トランザクション・インプット))を、

  • 3BTC(Transaction Output(トランザクション・アウトプット))・・・Bさんに送金
  • 2BTC(Transaction Output(トランザクション・アウトプット))・・・Aさん自身に送金

このように、ビットコインの未使用・Transaction Output(トランザクション・アウトプット)を自分自身に送金します。

ビットコインを使用した取引

つまり、UTXOは、通帳のようにアカウントの残高をそのままデータとして管理・記録するのではなく、ビットコイン取引データの中にUTXOとして散らばっている取引データの残高のみを計算して求める方法なのです。

ウォレット利用者は、ウォレットがビットコイン残高を管理しているように見えますが、ビットコイン残高という概念はウォレットによって作り上げられたものにすぎません。

ウォレットは、ブロックチェーンを通してビットコイン利用者に属している全てのUTXOを掻き集めて残高を計算しているのです。

UTXO

ウォレットの種類

ウォレットの種類

暗号資産のウォレットは、大きく

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

の二つに分けることができます。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、常にインターネット環境に繋がっている(オンライン)ウォレットの事を指します。

オンライン環境での、暗号資産取引は頻繁に暗号資産取引を利用する人にとって便利ですが、ウォレットをオンライン環境に晒す事によって、悪意ある攻撃者が所在を問わず不正侵入を試みることが出来るので

  • ハッキングを受けるリスク
  • ウイルスに感染するリスク

が常時付き纏います。

ホットウォレットには、

  • 取引所ウォレット
  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット

があります。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットから切り離されている(オフライン)ウォレットです。

インターネット接続していない為、暗号資産取引に時間が掛かりますが、ハッキングリスクがほとんどありません。

一方、コールドウォレットを紛失・壊してしまうと暗号資産が取り出せなくなるというデメリットもあります。

コールドウォレットには

  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

の二つがあります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは物理的な端末で保管するウォレットになります。

ハードウェアウォレットの中では

  • Ledger Nano S(レジャーナノエス)
  • TREZOR

が人気があります。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)はビットコインをはじめとする暗号通貨のハードウェアウォレットです。

USBタイプでパソコンに接続して使用します。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)で保管できる通貨の数は現在1200種類を超えています。

今後も増えていくため、最新の対応通貨はLedgerの対応通貨ページにて確認してください。

Ledger Supported Coins & Tokens | Ledger
Secure your crypto assets such as Bitcoin, Ethereum, XRP, Monero and more. Give yourself peace of mind by knowing that your cryptocurrencies are safe.

初期設定時にメモした24単語が本体に設定されており、それを元にブロックチェーン上の資産にアクセスできるようになっています。

万が一の紛失や故障に置いても、初期設定時にメモした24単語さえあれば、新しいLedger Nano S(レジャーナノエス)にて復元が可能となっています。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)を購入する方はコチラ

TREZOR

TREZOR

TREZORはUSBでパソコンにつなげてビットコイン他の暗号通貨を保管するウォレットです。

電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵が一切その外に出ることもなく、安全にビットコインを保管・使用することが可能です。

TREZORの対応通貨は下記の通りです。

Bitcoin
BTC
Bitcoin Cash
BCC
Bitcoin Gold
Bitcoin Gold
Etherium
ETH
Etherium classic
ETC
Monacoin
Monacoin
NEM
XEM
Dash
Dash
Zcash
Zcash
ERC20トークン
ERC20トークン

TREZORを購入する方はコチラ

以上、ビットコイン取引で使われるウォレットの

  • 仕組み
  • 種類

についての説明になります。

コメント