【図解】仮想通貨(暗号資産)・ウォレットの仕組みと種類




【図解】仮想通貨(暗号資産)・ウォレットの仕組みと種類

ウォレット(Wallet : 財布)と聞くと、

  • 紙幣
  • 硬貨

が入っている物理的な財布が思い浮かぶかと思います。

しかし、仮想通貨(暗号資産)取引の中で使われるウォレットは、

  • 紙幣
  • 硬貨

の残高がある物理的な財布とは仕組みが全く異なっています。

この記事では、仮想通貨(暗号資産)取引の中で使われるウォレット

  • 仕組み
  • 種類

それぞれについて説明していきます。

ウォレットの仕組み

ウェレットの仕組み

ブロックチェーン技術を利用している仮想通貨(暗号資産)は、

  • 日本円
  • アメリカ・ドル
  • ユーロ

と同様に扱われる通貨です。

  • 日本円
  • アメリカ・ドル
  • ユーロ

これら法定通貨

  • 銀行預金通帳の残高を確認
  • 財布の中の現金を数える 等々

これらの形で残高が確認する事が出来ます。

仮想通貨(暗号資産)の場合、残高は物理的には存在しませんが、

  • ウォレット

を利用する事で、仮想通貨(暗号資産)の残高を確認出来ます。

物理的な財布と仮想通貨(暗号資産)ウォレットの決定的な違いは、

  • 物理的な財布・・・財布の中に物理的に紙幣や硬貨が残高として存在
  • 仮想通貨(暗号資産)ウォレット・・・ビットコインに代表される様な仮想通貨(暗号資産)の残高は存在していない

と言う事です。

では、仮想通貨(暗号資産)ウォレットの中には

  1. 何が存在しているのか
  2. どの様にして仮想通貨(暗号資産)の残高や取引履歴を把握しているのか

という疑問が湧いてくると思いますので、1つずつ説明していきます。

先ず、最初の疑問である、仮想通貨(暗号資産)ウォレットの中には何が存在しているのか。

仮想通貨(暗号資産)ウォレットの中には

  • 公開鍵
  • 秘密鍵
  • ビットコインアドレス

これらのモノが存在しています。

ブロックチェーン技術の中で使われている公開鍵暗号方式の中で

  • 公開鍵・・・暗号文を復号
  • 秘密鍵・・・平文を暗号化

それぞれの役割を担っています。

公開鍵暗号方式に関する記事はこちら

【図解】共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組みと特徴
【図解】共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組みと特徴 現代生活で、切っても切れ離せないのが「インターネット」。 スマート・フォン、ノートパソコンを使ってインターネット接続しない日は、ほとんど無いと思われます。 そのインターネッ...

公開鍵秘密鍵ビットコインアドレスそれぞれの役割や生成手順に関する記事はこちら

【図解】秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスの関係性
【図解】秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスの関係性 仮想通貨(暗号資産)の根幹を成している「ブロックチェーン技術」 このブロックチェーン技術は、 公開鍵暗号方式 P2P(peer-to-peer) ハッシュ関数 ...

続いて、2番目の疑問である、どの様にして仮想通貨(暗号資産)の残高や取引履歴を把握しているのか

この疑問を解決するために、仮想通貨(暗号資産)代表であるビットコインでは、UTXOと呼ばれるビットコインの残高や取引履歴を管理する仕組みを知る必要があります。

仮想通貨(暗号資産)の種類によって、仮想通貨(暗号資産)の残高や取引履歴を管理する仕組みは異なります。

UTXO

UTXOとは、Unspent Transaction Output」の略で、邦訳すると「未使用取引アウトプット」等と呼ばれています。

仮想通貨(暗号資産)を使用した取引(トランザクション)は

  • Transaction Input(トランザクション・インプット)
  • Transaction Output(トランザクション・アウトプット)

から成立しています。

UTXO

UTXOは、この仮想通貨(暗号資産)を使用した取引(トランザクション)の中の、取引(トランザクション)で使用されなかった(未使用)・Transaction Output(取引アウトプット)の事を指します。

未使用取引アウトプットをイメージしやすくする為に、

  • 法定通貨を利用した取引
  • 仮想通貨(暗号資産)を利用した取引

それぞれの取引を比較してみます。

法定通貨を利用した取引

一般的な法定通貨を利用した取引を考えてみましょう。

AさんはBさんから3,000円の商品を購入したとします。

3,000円の商品購入の為に、10,000円を現金で支払いました。

法定通貨を使用した取引

BさんはAさんから10,000円を現金で受け取ったので、7,000円をお釣りとして渡しました。

法定通貨を使用した取引

この取引によって

  • Aさん・・・10,000円を現金で支払い、7,000円を受取る ➡︎ 残高 – 3,000
  • Bさん・・・10,000円を現金で受取り、7,000円を返金 ➡︎ 残高 + 3,000

Aさん、Bさんのそれぞれの財布の中身には、物理的な残高が残っています。

仮想通貨(暗号資産)を利用した取引

次に、ビットコインを使用した取引を見てみます。

Transaction Input(トランザクション・インプット)の5BTCを所持しているAさんは、Bさんから3BTCの商品を購入するとします。

ビットコインを使用した取引

この商品購入に際して、一般的に考えられる支払い方法は

  • 3BTCを送金
  • 4BTCを送金して1BTCのお釣りをBさんから返金
  • 5BTCを送金して2BTCのお釣りをBさんから返金

これらの方法が考えられますが、実際のビットコイン取引では、

    5BTC(Transaction Input(トランザクション・インプット))を、

  • 3BTC(Transaction Output(トランザクション・アウトプット))・・・Bさんに送金
  • 2BTC(Transaction Output(トランザクション・アウトプット))・・・Aさん自身に送金

このように、ビットコインの未使用・Transaction Output(トランザクション・アウトプット)を自分自身に送金します。

ビットコインを使用した取引

UTXOを簡潔に言えば、

  • 通帳のようにアカウントの残高をそのままデータとして管理・記録するのではなく
  • いくつもの取引データの中に、UTXOとして散らばっている取引データのみに基いて残高を計算して求める

方法です。

利用者は、ウォレットを用いて、さもコインの残高を管理しているかのように思われますが、コイン残高という概念はウォレットによって作り上げられたものにすぎません。

ウォレットは、ブロックチェーンを通して各利用者に属している全てのUTXOを掻き集めて残高を計算しているのです。

UTXO

ウェレットの種類

ウェレットの種類

仮想通貨(暗号資産)ウォレットは、大きく分類すると

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

これら、2つに分けることができます。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、常にインターネットで繋がっている(オンライン)ウォレットです。

オンライン環境では、

  • いつでも仮想通貨(暗号資産)取引が利用出来、頻繁に仮想通貨(暗号資産)取引を利用する人にとって便利
  • ハッキングを受けるリスク
  • ウイルスに感染するリスク

があります。

マルチシグを用いたホットウォレットを用いることで、ノードを分散し攻撃難度を高めることも可能です。

  • トランザクションの発行
  • 署名要請を行うサーバーに不正侵入

これらの可能性を考慮すると、リスク低減の観点では対策として不足しています。

マルチシグに関する記事はこちら

【図解】マルチシグを分かりやすく解説
MyUS.comの特徴・登録方法・使い方 ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の多くは、仮想通貨(暗号資産)の取引を行う際に、セキュリティ対策の1つとして 公開鍵 秘密鍵 を用いた、公開鍵暗号方式を使って取引を...

ホットウォレットの種類を細分化すると

  • 取引所ウォレット
  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット

これら3つのホットウォレットがあります。

取引所ウォレット

ウェブウォレット

インターネット上に保管するWebウォレット

モバイルウォレット

スマホ上で保管するスマホウォレット

デスクトップウォレット

デスクトップ上に保管するソフトウェアウォレット

コールドウォレット

攻撃者は所在を問わず不正侵入を試みることができるため、インターネット環境における秘密鍵の管理は最も脆弱です。
この点に対する対応策が、コールドウォレットです。

コールドウォレットとは、インターネットから切り離されているウォレットです。

インターネットに繋がっていないため取引まで時間がかかるもののハッキングリスクがほとんどありません!

一方で紛失したり壊れてしますと預けている仮想通貨が取り出せなくなるというデメリットもあります。

コールドウォレットの種類を細分化すると

  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

これら2つのコールドウォレットがあります。

ハードウェアウォレット

物理的な端末で保管するハードウェアウォレット

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

TREZOR

ハードウォレットはTREZOR

ペーパーウォレット

紙で印刷保管するペーパーウォレット

コメント