入州管理局




この記事は約 4分15秒で読み終わります

入州管理局

前回は、アウェイゲームの為に、インドシッキム州という地方に訪れるところまで話しました。

海外における不法就労までの流れ
海外における不法就労までの流れ 前回記事では、2年目以降、インドで雇用ビザを取得するためには納税証明書が必要という事を書きました。 不法就労 不法就労の罪状で法廷に立つまでの経緯の続きを書いていきます。 ...
スポンサーリンク

シッキム

シッキム

出典:Wikipedia

以前お話したように、インドは共和国で29の州と7つの連邦直轄地域から成立しています。

これは僕の肌感覚の意見になりますが、インドは多民族国家であるせいか、各州ごとに特色があるような気がします。

その中で、シッキム州の現地の人々の印象は、

  • 温厚で穏やかな人々が多く
  • 自分たちの土地を大事にしており
  • 余所者に対しては少し警戒心があるのかもしれません

これらは、あくまで僕の印象・感想であり、現地で外国人だからと言って差別されることもありませんし、多くの現地の人が英語を喋れるので観光で訪れても何も不自由しません。

僕、個人的にはシッキム州インド国内でも好きな街の一つです。

そんな温厚で穏やかなシッキム州の方々を怒らせるような事をした経緯の続きを綴ります。

シッキム州管理局

この年、シッキム州では、前年、シッキム州のナイジェリア人が現地のインド人を殺したとかで、

  • シッキム州にはナイジェリア人は立ち入り禁止
  • 外国人に対しても警戒

そもそも、外国人がシッキム州に入る為には、シッキム州が設けた検問所で入州チェックを受けてパスポートにスタンプを貰う必要がありました。

シッキム州検問所でのスタンプ

(シッキム州検問所でのスタンプ)

実は僕自身、シッキム州に来るのが、この時が3回目であり、ある程度シッキム州の外国人事情にも詳しかったので、観光ビザ保有でのシッキム州でプレーする事に少し不安がありました。

検問所の入州チェックは、基本的に書類の提出のみなので本人が行く必要が無く、この時は、選手(僕を含めた外国人選手)の代わりにクラブのスタッフが手続きに行ってくれました。

クラブのスタッフが検問所から戻ってきて、

米澤淳司
米澤淳司

観光ビザで試合に出て問題ないって言ってた?

スタッフ
スタッフ

ノープロブレム

基本的に、インド人の「ノープロブレム」は「ノープロブレム」ではないのですが、何か問題があればクラブにも被害が及ぶので無駄なウソはつかないだろうと高を括っていました。

試合前日の夜

ホテルに到着後、少しの休憩を取り、前日練習を行いました。

前日練習終了後、ホテルに戻ってくるとホテルのロビーで、シッキム州のサッカー協会の人達と僕の所属クラブのマネージャーが話しているのを目にしました。

何故、シッキム州のサッカー協会の人達と認識できたかというと、以前来た時に、シッキム州サッカー協会に訪問した事があったからです。

僕がホテルに姿を現すや否やシッキム州のサッカー協会の人達がチラチラ僕の方を見てくるので、これは何かあるなと思いつつ、その話し合いが終わったのを見計らって、マネージャーの処に訪れました。

米澤淳司
米澤淳司

何の話してたん?

マネージャー
マネージャー

明日の試合の運営の話

アウェイチームがホームチームの運営で話し込むわけもなく、嘘ついてるのがバレバレだったので、のらりくらり質問をかわすマネージャーを問い詰めました。

俺の観光ビザの話でしょ。

マネージャー
マネージャー

そう。

米澤淳司
米澤淳司

で、何て言ってたの。

マネージャー
マネージャー

観光ビザで試合には出ちゃダメって。

米澤淳司
米澤淳司

了解。

郷に入っては郷に従えではないですが、

  • 給料は貰ってないにしろ、インドの法律的には不法就労であり
  • シッキム州の方達が作ったルールが慣例であれ存在するのであれば

従う必要があるので、僕は試合に出ることは諦めていました。

オーナーからの説得

この時、僕はインド2部リーグのクラブに所属しており、シッキムでの試合を入れて残り3試合を残して、1位との勝ち点差3の暫定2位でした。

その年は1位のチームしか、1部に上がれなかったので、何としても勝利して勝ち点3を積み上げる必要がありました。

このシッキム州のアウェイゲームの遠征には、オーナーも帯同しており、
オーナーが選手の滞在しているホテルの部屋まで来ました。

オーナー
オーナー

明日の試合は出ろ。

米澤淳司
米澤淳司

現地のサッカー協会の人が観光ビザでは試合に出れないと言ってます

オーナー
オーナー

知ってる。でも出ろ。

この時、僕の試合のパフォーマンスがまあまあ良くチームへの貢献度が高かった為、シッキム州での試合に勝利する確率を上げるためには、僕を使う必要があるとオーナーは判断したのだと思います。

オーナー
オーナー

全責任は俺が持つから試合に出ろ

米澤淳司
米澤淳司

現地のサッカー協会の許可が下りないと出るのは難しいですしクラブにも被害が出ます

オーナー
オーナー

分かった。明日の朝までに許可貰うから、貰ったら出ろ。

米澤淳司
米澤淳司

分かりました。

コメント

  1. […] 入州管理局入州管理局 前回は、アウェイゲームの為に、インドのシッキム… スポンサーリンク […]