バングラデシュビザの取得【スポーツ・文化・芸術】




この記事は約 3分33秒で読み終わります

バングラデシュビザの取得【スポーツ・文化・芸術ビザ】

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、バングラデッシュへの渡航にはビザが必要になります。

バングラデシュの渡航目的が、

  • スポーツ主催者
  • スポーツ選手
  • スポーツのコーチ
  • 劇団員
  • 芸術家
  • 作家および同等の地位の個人

これらのいずれかに該当する場合、スポーツ・文化・芸術ビザ(通称:PビザProfessional duty / Employment)を取得する必要があります。

スポンサーリンク

Pビザ取得までの流れ

Pビザ取得までの流れ

  1. オンラインでPビザを申請
  2. 在日バングラデシュ大使館に出向き必要書類を提出
  3. 当日、又は後日、Pビザを受取る

という流れになります。

在日バングラデシュ大使館について

オンラインでビザ申請後、在日バングラデシュ大使館に必要書類提出の為、出向かなければなりません。

在日バングラデシュ大使館に行く前に

  • 在日バングラデシュ大使館の場所
  • 在日バングラデシュ大使館の営業日・休館日

はチェックしておく必要があります。

在日バングラデシュ大使館の場所

東京都千代田区紀尾井町329

在日バングラデシュ大使館の営業日

大使館・領事館情報

内容
申請時間 月~金曜日 09:00~11:30 ※ラマダン期間中は変更なることがあります。
受領時間 月~金曜日 15:00~16:00 ※ラマダン期間中は変更なることがあります。
電話番号 03-3234-5801

定休日:土日、祝祭日(日本とバングラデシュ両国)

バングラデシュの祝祭日はこちら

祝祭日 | バングラデシュ - アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ

Pビザ取得の為に準備するもの

  • オンラインビザ申請書
  • 現地受入会社作成の英文招聘状(コピー)
  • 自己紹介文書
  • パスポート
  • パスポートの顔写真ページの見開きコピー 1
  • 顔写真(縦 4.5 cm x 横 3.5cm)1

オンラインビザ申請書

下記のURLから申請する事になります。

Object reference not set to an instance of an object.

オンライン申請書は作成後1週間以内に在日バングラデシュ大使館へ申請に行かなければ無効になります。

在日バングラデシュ大使館へ行く日程が決まった時点でオンライン申請書を作成する事をお勧めします。

Download (PDF, 228KB)

現地受入会社作成の英文招聘状(コピー)

現地受入会社・運営組織が英語で作成した招待状が必要になります。
現地から原本を直接送って貰う必要はないのですが、スマートフォンで撮影したようなものだとやり直しになる可能性があるそうです。

現地受入会社・運営組織の方に本書類をプリンター等でスキャンし、自分宛に送って貰い、プリントアウトされると良いのではと思います。

Download (PDF, 98KB)

自己紹介文書

自分の事を紹介する文書が必要になります。
自己推薦書の様なものです。自分で作成する必要があります。

僕の場合は、ネット上にあるWikipediaの情報をプリントアウトしました。

Download (PDF, 174KB)

在日バングラデシュ大使館で必要書類提出後

在日バングラデシュ大使館に到着後、

  1. 発券機で整理券を発券
  2. 自分の整理券番号が呼ばれるまで待ちます
  3. 受付カウンターのスタッフが、書類不備等があれば丁寧に指導してくれます。
  4. 書類提出後、受取日が記載された引換券を渡されます

問題がなければ、翌日にビザは発行されます。

当日にPビザを発行してもらう事も可能なのですが、Pビザを許可する領事が出勤していることが前提となります。
僕の場合、担当の領事が不在だった為、当日発行は出来ませんでしたが、翌日の朝10時に発行してもらう事が出来ました。

コメント